「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア後の投資生活)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

函館湯の川温泉「花びしホテル」に宿泊(函館宿ハシゴ旅3泊目)

はこだて割りを利用した、函館湯の川温泉でのハシゴ旅も3泊目。
この日は、函館市電湯の川温泉電停

に最も近くて観光で便利なホテル「花びしホテル」に宿泊しました♨

玄関を入るとオーソドックスな和風のロビー


大きな会合実施中の案内やチェックイン待ちも発生しており、人気のホテルで有ることが伺えます♨

老舗によくあることですが、何棟も建て増しをした影響で、館内は迷路のようです🥵

特に夕食会場は、長い廊下での連絡となっていました🍴


部屋は禁煙棟のスタンダード和室(末広亭)💁




洗面台が2つあり、部屋も広いですね♪

温泉♨は大浴場が2箇所あり、別棟7階の大浴場はこじんまりとしていますが、ロビー奥にある1階大浴場は広々としていて、混雑時でも圧迫感は少ないと思います。

夕食は和食膳。




選べる二品は、海鮮しゃぶしゃぶ(アワビ・イカ)とブイヤベースを選択しました。
ブイヤベースではなく、ビーフシチューが花びしさん伝統だそうですが、どれも美味しかったです🍴

朝食は、ブッフェ会場でのブッフェ。

人が非常に多かったので、肖像権も考えて会場内の写真は撮りませんでした📸

品数・味はごく普通です。
函館は各ホテルの朝食戦争激戦区ですので、そういう中で比べると、特長がない朝食ブッフェとなります。



館内は綺麗にされていますし、老舗らしく和風の良いところも残している、人当たりが良い宿だと感じました。
湯の川温泉に宿泊しての観光は、バスの本数が少ないので、圧倒的に市電が便利ですが、市電の電停に最も近いホテルなので、函館市内観光メインの湯の川温泉宿泊では立地ナンバーワンの温泉宿♨の宿泊記事でした。

函館宿ハシゴ旅(5日目・最終日)

はこだて割りを利用した函館宿ハシゴ旅も今日(4月24日)が最終日。

3泊目は、湯の川温泉の「花びし」に宿泊し、4泊目は、同じく湯の川温泉の「平成館しおさい亭」に宿泊しました♨


宿については、別の記事にします♨

この日の羽田〜函館便は、JALの場合1日3往復しか飛んでいないので、帰京は朝か午後か夜の選択になります。
北海道新幹線という選択肢もありますが、地震での運休で予約出来ず、朝の便で帰ることにしました✈
湯の川温泉から函館空港へは直行バスで5分程度で、あっという間🚌
空港連絡バスは乗客が結構乗っていました🈵
土曜日の平成館しおさい亭も満室🈵で、金曜日の花びしさんもかなりの混雑状況でしたから、はこだて割りの威力かなり強力なようです💴

函館空港で、前日夕方にメール📧連絡のあった、使用機材変更に伴う座席変更が不満だったので、座席の再指定をしようとしたら、まさかの窓際全滅😢

普通席はいい場所の空きが無く、Jシートの良い窓際席が空いていたので予約したのに、突如の機材変更(767→767なので、ほぼ同じ)で、勝手に中央部の座席に変更されてしまったことに納得いかず、抗議👊
普通席へのダウングレードもこちらから提案しましたが、思うような座席が空いておらず、断念⤵
現場の人は、なんとかしようとしてくれたので、感謝していますが、旅の最後は大きなケチが付いてしまいました😢

結局、搭乗率は6割程度。
満席じゃないからこそ、普通席窓際への変更も可能だったのでは?と思い、余計に不満が募ります•́ε•̀٥
無事羽田に着きましたが、最後に不満が残る旅となりました。

函館・五稜郭公園の桜🌸

函館宿ハシゴ旅も4日目。
好天に恵まれたので、例年より早く咲き始めた函館の桜を見に行くことにしました。
函館での桜🌸の名所は、五稜郭🏯公園とのことなので、宿をハシゴする合間に訪れて見ることに👣

咲き具合は3〜4分といったところでしょうか(^^)
この日は風が強く吹いていたので、空が澄んで本当に青く、素晴らしい景色を見ることが出来ました\(^o^)/







例年五稜郭公園の桜は、GWが見頃だそうですが、今年は今月末迄持つか、微妙な感じになりそうです🌸

2022年4月第4週の投資成績

 

 今週は、再来週のFOMCに向けて大きく下げる為の序章として、一旦上昇する展開が続きましたが、金曜日に急落となりました。

 今回のFOMCは、大きなネガティブイベントですので、来週の値動きに注意が必要だと思います。

f:id:tabibitoshuu:20211226122719p:plain

 先週の持越し分については

 4月15日(金)

  買い持越し:東邦ガスクレディセゾン(PTS)

  空売持越し:無し

でした。

 4月18日(月)

  利確:クレディセゾン

  損切:東邦ガス

  買い持越し:東邦ガス小田急・京阪・相鉄・いちご

  空売持越し:無し

 4月19日(火)

  利確:東邦ガス・京阪・小田急・相鉄

  損切:無し

  買い持越し:いちご・小田急・京阪・相鉄

  空売持越し:無し

 4月20日(水)

  利確:小田急・京阪・相鉄

  損切:いちご

  買い持越し:小田急・相鉄・京阪・京急ジャフコ西部ガス

  空売持越し:無し

 4月21日(木)

  利確:小田急・相鉄・京阪・京急ジャフコ西部ガス

  損切:無し

  買い持越し:小田急京急・京阪・ジャフコ西部ガス

  空売持越し:無し

 4月22日(金)

  利確:無し

  損切:ジャフコ西部ガス小田急・京阪・京急

  買い持越し:小田急西部ガス東邦瓦斯

  空売持越し:無し

 ※長期保有:日本スキー(優待用)・東急不(優待用)・DD(優待用)・BS11(優待用)・楽天(優待用)

 *IPO:クリアル・モイ

  

 今週は、ずっと旅行中だったので、事前に決めていたいちご・ジャフコ・私鉄各社以外あまり取引しませんでした。

 月曜日の急落時に拾って、火曜日に勝った分が、いちごの弱気予想(可能性はあると思っていたものの、コロナからの立ち直り局面で、あまりにも弱すぎる予想に失望)で食われてしまい、その後も水木の上げで勝った分が、金曜日の急落で食われてしまい、イマイチの1週間となりました。 

 週間成績は、プラスマイナスゼロでした。

函館湯の川温泉のホテル「HAKODATE 海峡の風」に宿泊(函館宿ハシゴ旅1・2泊目)

はこだて割りで、野口観光グループの「HAKODATE 海峡の風」に連泊しました♨

元々は同じ敷地内に建っている「湯元啄木亭」の別館だった建物を全面リニューアルして、アッパーミドルクラスのホテルとしたものです。

ですから、啄木亭と外観は同じですが、フロント部分は新設となっています。

中に入ると、黒を基調としたシックな内装(^^)


気分が上がりますね♪
部屋はスタンダードルームでしたが、



この広さ♫
写真を撮り忘れましたが、部屋の玄関ドアを入ると居室スペース迄は廊下があることからも、部屋の広さが感じられます。
売店には、

無料のコーヒーとワインが飲めるコーナーも。





レストランは2階🍴



3つのレストランがありますが、大半の宿泊客は、ブッフェレストランの青函市場を利用となります🍴



青函市場は、魚料理のみのブッフェレストランですが、夕ご飯は



ホタテ焼きに、ラーメン・寿司等も(^^)
朝ごはんは、



金目鯛茶漬けやイクラの炙り焼おにぎり等も(^^)🆙
一部メニューは注文してから調理してくれるので、作り立てが食べられます(^^)🍴
お肉料理はありませんが、大満足でした🍴

「海峡の風」宿泊客は、啄木亭の展望風呂に入ることも出来ます♨
啄木亭とは自動ドアで仕切られており、

海峡の風のカードキーが無いと、ドアは開かないようになっています。


「海峡の風」の温泉♨大浴場は1階にありますが、展望は全く無いので、露天風呂や展望を楽しみたい場合は、啄木亭で入るのも良いでしょう。
ただし、脱衣所やお風呂の備品・調度品、シャンプーやボディーソープ等は、海峡の風の方が、だいぶグレードが高く、部屋数も少なくて空いているので、結局は海峡の風の大浴場を利用してしまうと思います♨


今回のホテルは、少し値段は張るものの、はこだて割りやGOTOトラベル等の補助金が出ている時であれば、比較的リーズナブルな値段で宿泊出来ますので、「HAKODATE 海峡の風」で少し非日常を楽しむ旅、非常に良いと思います♨🍴

「はこだて割り」を利用しての函館宿ハシゴ旅(1日目)

先月、まん延防止措置等が解除され、それに伴い「はこだて割り」(最大一人一泊一万円の補助)が全国民対象に戻されました。
そこで、このお得な割り引きを利用して、今まで函館で宿泊していない温泉ホテルに宿泊する計画を立てたのが今回の♨旅です。
今日(水曜日)から4泊5日の旅となります。

羽田空港に到着し、


JGCの荷物検査場から、サクララウンジへとワンパターンのルートで出発を待ちます🍺

時間になったので、出発ゲートに向かう途中、

空港内に新しく出店するサマンサタバサのテレビ撮影が行われていたので、その様子を📸

羽田発函館行きJAL機は、定刻前にゲートを離れ、飛び立ちました✈
搭乗率は6割程度で、旅行会社の団体客(殆ど高齢者)が多く乗っていました。

機内から、

十和田湖が見えると、着陸体制に🛬


函館空港に到着後は、路線バスで湯の川温泉♨に。
今日は、

野口観光が運営するこちらのホテルに宿泊します(^^)

都内の新ホテル「ラビスタ東京ベイ」に宿泊

4月15日、豊洲に新しい大型ホテルがオープンしました🏨
それが「ラビスタ東京ベイ」(528室)
共立リゾートが運営する人気のラビスタシリーズです。

場所は、ゆりかもめ「市場前駅」直結なので、迷うことはありません。



プレオープンプランでかなり安く宿泊出来るので、

チェックインは写真の様に大行列🥵
40分以上掛かりました。
連日チェックインに物凄く時間が掛かっているようなのですが、その原因はチェックインの際にタブレットを使うことです。
コロナ時代に合わせて、接触を避けるために、宿泊客がタブレット入力をするのですが、お年寄りの宿泊客がタブレットでの入力が慣れておらず、非常に手間取っているので、一組当たり10分程度掛かっているのです。
こういうシステムを入れてしまった以上、改善は難しいので、チェックインの大行列は暫く続くでしょう🥵

自動チェックイン機もありますが2台しかなく、大行列の解消に役立つ可能性は無さそうです。
(因みに旅人は、偶然自動チェックイン機でチェックインとなりましたが、ほぼ最速。支払いも含めて3分位でした。)

行列が解消したロビーはシックで良いですね。


開業したばかりなので、至るところに花が飾られています❀✿
このホテルの売りは、まずは最上階の天然温泉♨


男湯の場合、湯船からレインボーブリッジや東京タワーの夜景を見ることが出来ます(^^)🗼🌉
この夜景は本当に素晴らしいです。
(プールやジムも最上階にあります)
部屋は、バスとトイレがセパレートされている




スタンダードツインルーム。
アップグレードされていたようで、広くはありませんが、セパレートな部分がベリーGoodです👍

そして、ラビスタと言えばなんと言っても朝食🌅
ラビスタ函館ベイは朝食で超人気のホテルですから、東京ベイも期待していましたが...(^^)🍴

いやあ、本当にイイです(^^)
ラビスタ函館ベイに行く必要が無い位のグレード(^^)
種類が多く、胃袋が小さくなった初老の身なので、全種類制覇は全く手が届きませんでした。

夜鳴きラーメンもありますし、

ラビスタ東京ベイ、素晴らしいです。
今回は、昨年公式サイトで予約しましたが、一泊朝食付きで、二人で12000円💴
一人当たり6000円でこの内容ですから、コスパ最高と言えるでしょう(^^)

お得に宿泊できる開業プランは9月末迄。
人気のラビスタシリーズですから、混雑は激しいですが、そのようなことは忘れてしまう大満足の滞在となりました(^^)