「旅人:シュウ」の旅&〇△blog

今迄、主に国内旅中心だったセミリタイア中の旅人。家族が大病を患ったことを契機に、次は世界旅へ。そこで経験する色々な旅にまつわる情報等を書いていきます。〇△の部分は「旅以外の情報も」ということになります。

福島・裏磐梯へ(グランデコスノーリゾート)

 

 2月12日に、福島県裏磐梯にある「グランデコ」に行き、スキーをしてきました。

 グランデコは、バブル時代に開発されたリゾート地で、東急系列の運営です。

 ホテルも併設されています。

 2月12日は、スキー・スノボの今シーズンで、雪質・天気等、最も条件に恵まれた最高の1日だったのではないかと思います。

 そこで、この日を狙って行ってきました。

 実際に行ってみると、

f:id:tabibitoshuu:20200213151633j:plain

 この通り、素晴らしい晴天。

 開場前のゲレンデは整備されていて、静かに時を待っているような静寂さに包まれていました。 

f:id:tabibitoshuu:20200213151807j:plain

 そして、ゴンドラが動き始めたので、上へと向かいます。

 


GRANDECO Snow Resort Gondola Lift (グランデコ・ゴンドラ動画)

 

f:id:tabibitoshuu:20200213151912j:plain

 こちらが山頂駅です、

 まだ、リフトが動いていないので、人は少ないですが、本当に良い天気です。

 ゲレンデも、先週からの寒波で粉雪が積もり、非常に良い状態です。

 さあ、滑り出しましょう。

 すると、 

f:id:tabibitoshuu:20200213152044j:plain

 このとおり、人のほとんどいないゲレンデを独占して滑走^^

 目の前には、会津の名峰磐梯山が。

 東日本のある年齢以上の方ならば覚えていると思いますが、「えいや~~~、あいづばんだいさんは、たから~のやまよ~」の民謡と共に流れていた清酒「誉」のCMで有名な山です。

 明治時代に噴火(水蒸気爆発)して、山頂が吹き飛び、大きな被害を出しましたが、大小様々な湖沼がある現在の「裏磐梯高原」が形成されたのは、その噴火によるものなのです。

 隣には猪苗代湖も見えます。

 そして、このゲレンデから、上部を見上げると、

f:id:tabibitoshuu:20200213152211j:plain

 いやあ、すごいですね、この晴天。

 宿泊客は、まだ殆どゲレンデに出ていないので、人が少なく、本当に爽快でした^^

 

 午前9時を過ぎると、順次リフトが動き始めましたので、最上部へ向かいました。

 すると、リフトを降りた地点(標高1590メートル)では、

f:id:tabibitoshuu:20200213152503j:plain

 磐梯山(1816メートル)が、同じくらいの高さに見えます。

 ゲレンデを少し横に移動すると、

f:id:tabibitoshuu:20200213152617j:plain

 磐梯山猪苗代湖が並んで見えます^^

f:id:tabibitoshuu:20200213152727j:plain

 この景色を見ていると、「本当に来てよかったなあ」と感動。

 この日の雪質&晴天という、これ程の環境が勿体なく感じて、午前中は休憩も取らず、ひたすら滑りまくり。

 

 午後になると、雲が少し出てきたので、

f:id:tabibitoshuu:20200213152831j:plain

 このように、ひこうき雲が見えたりと、時間と共に少しずつ変化する景色を味わいながら...滑り続けました。

 

 でも、時が経つのはあっという間で、夕方に😢

 近くの山には、このような変わった雲も出てきました。

 翌日、天気が悪くなる兆しの雲でしょうか?

f:id:tabibitoshuu:20200214141615j:plain

 そして、間もなくリフトが止まるので、ラスト1本となりました。

f:id:tabibitoshuu:20200214141533j:plain

 ゲレンデ内も、大半の客が去り、寂しい感じに。

 流石にこの時間になると、日陰の部分はアイスバーンになってましたが、噛みしめながら最後の滑走。

f:id:tabibitoshuu:20200214141749j:plain

 最後に、駐車場からお別れの1枚を撮り、帰路へ。

 本当に、大満足の最高の天気の1日でした。