「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅へ(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

トルコ・カッパドキア【世界遺産】

 

 新型コロナ肺炎の感染拡大で、入国禁止措置だらけとなってしまい、海外旅行ができない状況が続いていますね。

 残念ながら、今年の上半期、海外旅行に行くのはほぼ不可能でしょう。

 今年の6月から世界一周航空券での海外旅行を計画していたので、こうなってしまったのは本当に残念です。

 でも、行けないと、余計に行きたくなるのは人の性。

 そこで、以前行った海外旅を振り返り、次の行ける機会を待ちたいと思います。

 

 今回は、タイトルの通り、世界遺産のトルコ・カッパドキアです。

 世界遺産ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群」に指定されている、この地域。

 そして、カッパドキアと言えば、この一枚です。

f:id:tabibitoshuu:20200331081941j:plain

 最も人気のある、早朝気球ツアーでの写真。

 この日の出を見るために、多くの観光客が深夜にホテルを出て、気球ツアーに向かいます。

 大概のツアーは最初、軽食の朝食会場を兼ねている各気球会社の集合場所に移動し、ここで、各ホテルから気球ツアーに参加する客を待つ形となっています。

 そして、いよいよ気球ツアーに出発です。

 現地に着くと、この写真のように

f:id:tabibitoshuu:20200331083108j:plain

 随所で、気球内の空気を温め、飛び立つ準備作業が続いています。

 しばらくすると、出発。

 この時、旅人達が乗った気球は、

f:id:tabibitoshuu:20200331083056j:plain

 こちらの操縦士さんの気球でした。

 かっこいいですね^^

f:id:tabibitoshuu:20200331083134j:plain

 上昇が始まると、岩の間を気球が上がって行きます。

 多くの気球も、ほぼ同時に上昇開始です。

 そして、一番最初の写真のように、荒涼とした大地からの日の出の瞬間を待ちます。

f:id:tabibitoshuu:20200331150546j:plain

 日が昇り始めると、 

f:id:tabibitoshuu:20200331082010j:plain

 この写真のような風景に。

 日の出後しばらくは、周囲の岩山がローズレッド色に染まります。

 そして、この気球の数。

 なかなか壮観です。

 100基以上の気球が上がっています。

 

 そして、気球の高さを調整するガスバルブの音と乗客の歓声以外、静かな時間が続きます。

f:id:tabibitoshuu:20200331082048j:plain

 気球は、このように、日本企業の広告が入っているものも幾つか見かけます。

 そして、感動の時間はあっという間。

f:id:tabibitoshuu:20200331082103j:plain

 こちらは、着地の時の写真。

 本当に時を忘れてしまう貴重な体験でした。

 

 カッパドキアは、世界遺産の名称の通り、

f:id:tabibitoshuu:20200331083224j:plain

  キノコ岩と呼ばれる岩石群や、

f:id:tabibitoshuu:20200331081638j:plain

 ラクダ岩と呼ばれるものもある、奇岩群が見られる場所です。

 そして、この地域の人たちは太古の昔、奇岩の洞窟で暮らしていました。

 ですから、今でも、これらの洞窟を利用した住居や宿泊施設が多数あります。

f:id:tabibitoshuu:20200331083313j:plain

 この写真のとおりです。

 また、太古の教会も岩を掘って作られていました。

f:id:tabibitoshuu:20200331083244j:plain

  こちらの写真は、かつてのキリスト教の教会の跡です。

 オスマントルコ帝国というイスラム国家が出来る前は、ローマ帝国の領域でしたので、キリスト教が信仰されていた時代もあったのです。

 

 こちらの写真は、この旅で宿泊した洞窟ホテルです。

f:id:tabibitoshuu:20200331082207j:plain

 

f:id:tabibitoshuu:20200331082211j:plain

 ホテルの敷地内は、このような感じで、元々ある岩と後から作られた部分が、うまく組み合わされて出来ています。

 次に、こちらの写真は、ホテルの部屋の様子です。

f:id:tabibitoshuu:20200331081914j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200331081918j:plain

 こちらのホテルは、部屋も広く、なかなか豪華な造りでした^^

 夕方には、多くの観光客が、高台に集まり、日没とそれに伴う移り行く景色を静かに眺めています。

f:id:tabibitoshuu:20200331081814j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200331081727j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200331081756j:plain

 日没時には、光の加減で周囲の岩山の山肌が、ローズピンク色に見えるのが特徴なのです。

 

 カッパドキアでの観光、想像を超える感動がありました。

 ここ最近、トルコの通貨であるトルコリラは歴史的安値に沈んでいます(1リラ16.5円)ので、トルコ旅行は格安で行くチャンスとなっています。

 ちなみに、旅人がこの写真を撮った時は1リラ約40円で、旅行代も結構高かったです。

 アジアとヨーロッパが交錯する地であり、千数百年続いたローマ帝国滅亡の地でもある現在のトルコ。

 今なら格安で行けますから、コロナ騒動が終われば近いうちに、また行きたいと思っています。