「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅へ(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

九州旅(宮崎・鵜戸神宮)【udo jingu shrine・miyazaki prf】

 

 旅を出来ない現在、九州旅を振り返っていますが、今回は、宮崎の「鵜戸神宮」です。

 鵜戸神宮は、日南市にあります。

 日南市は、モアイ像があることで知られている「サンメッセ日南」があることでも有名ですよね?

 鵜戸神宮へは、宮崎市内から、国道220号を南下し、青島を過ぎて、サンメッセ日南をも過ぎ、さらに南に進むと、「鵜戸神宮」への看板が出てきます。

 そこで、海岸線の方へ降りていくと、急に道が狭くなり、ちょっと心配に...

 でも案内に従って進むと、駐車場が見えてきました。

 車が沢山止まっています。 

 

 駐車場に車を止め、人々の波に従って進むと、「神門」が見えてきました^^

f:id:tabibitoshuu:20200521125350j:plain

 この日はあいにくの雨でしたが、これが「神門」という鵜戸神宮の最初の門です。

 さらに進むと、

f:id:tabibitoshuu:20200521125414j:plain

 見えてくるのが、「楼門」。

 かなり豪華な造りですね^^

 途中には、

f:id:tabibitoshuu:20200521130018j:plain

 この写真のように、狛犬も居ます。

 この狛犬は、かなり古いもののようで、「古狛犬」と看板に書いてありますね。

  

 更に先を進むと、「玉橋」という橋を渡ります。

 この橋を渡って、階段を降りると、御本殿にたどり着くことができます。

f:id:tabibitoshuu:20200521125614j:plain


f:id:tabibitoshuu:20200521125943j:plain

 しかし、いやあ、凄い断崖絶壁の場所ですね。

 よくぞ、このような場所に神宮が作られたものだと、感心してしまいます。

 そして目指す「御本殿」は、写真に写っている左側の洞窟の中にあります。  

f:id:tabibitoshuu:20200521125443j:plain

  階段を下りて、御本殿のある洞窟と同じ目線の場所に。

 みんな、断崖絶壁の海を眺めています^^

 

 そしてこちらが、御本殿。

f:id:tabibitoshuu:20200521125755j:plain

 岩が直ぐ上にまで迫っています。
 

 中から、洞窟の外に向けて撮影してみると、f:id:tabibitoshuu:20200521125917j:plain

 こんな感じです。

 「洞窟の中なんだなあ」と実感しますね。

 因みに、写真の右側の建物が御本殿です。

 

 御本殿の奥には、「お乳岩」という有名なものもありますが、人も多く、暗くて上手く撮影できませんでした💦

 そこで、その代わりに、すぐ横にある「撫でうさぎ」をパシャリ😊

f:id:tabibitoshuu:20200521125643j:plain

 もちろん、お賽銭を入れて、うさぎを撫でてみました^^

 

 一通りお詣りを終えて、来た道を戻る途中でも撮ってみましたが、 

f:id:tabibitoshuu:20200521130125j:plain

 悪天候にもかかわらず、人が多いですね。

 戻る途中で、鵜戸稲荷神社を見つけましたので、入ってみると、

f:id:tabibitoshuu:20200521125511j:plain

 千本鳥居のような場所がありました。

 この階段を昇ってみたのは、言うまでもありません。

 でも、意外と直ぐに終わってしまう短い階段でした💦

 

 戦後の昭和時代に、「お乳岩」のご利益も重なって、新婚旅行先として非常に人気のあった場所だそうです。

 交通不便な場所ですが、今でも、今回紹介した写真のように、かなりの賑わいを見せる「鵜戸神宮」。

 昨今のブームの影響もあって、人工的で煌びやかな神社が多いですが、鵜戸神宮は、自然と人工物の調和がある程度取れている、非常に良い神社だと思います。

 機会がありましたら、今度は晴天の時に訪れたいです😊

f:id:tabibitoshuu:20200521130915p:plain

f:id:tabibitoshuu:20200521130912p:plain