「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅へ(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

「SLみなかみ」の旅

 

 JR東日本は、「SLばんえつ物語」以外にも、もう2機の蒸気機関車を使ってSL観光列車を運転しています。

 その一つが、「SL ぐんま みなかみ」。

 こちらは、群馬県上越線高崎駅から水上駅までの間を往復している列車です。

 旅人が乗車した時に使用されていた蒸気機関車は「C61-20号機」。

f:id:tabibitoshuu:20200818132800j:plain

 この写真は、高崎駅で客車に連結するために、車庫から出た後、駅構内を移動しているシーンを撮影したものです。

 そして、一旦、高崎駅のホームを通り過ぎてから、バックしてきて客車に連結します。

f:id:tabibitoshuu:20200818132820j:plain

 連結シーンの際のホーム上は、たくさんの見物客で溢れています。

f:id:tabibitoshuu:20200818132843j:plain

 連結場所付近は、人が多すぎて近づけませんでした💦

 

 連結が終わると、いよいよ水上駅に向けて出発です。

 客車は、12系客車といって、国鉄時代に製造されてから50年近く経つ古い車両で、現在乗車できるのは、各地のSL列車の客車としてだけとなっています。

f:id:tabibitoshuu:20200818132855j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200818132846j:plain

 この写真のように駅のホームに、このデザインの青色の客車が停車しているのを見ると、JRがまだ国鉄だった時に、友人たちと貧乏旅をした時のことを思い出します^^

 

 高崎駅から水上駅間ですが、前橋市渋川市沼田市沼田駅までは群馬県の都市部を走りますので、車窓から見る景色は、住宅や農地や工場等が入り混じった、どこででも見られる、ごくありふれた景色が続くだけとなります。

 ただ、水上駅に近づくと、谷川岳連峰も見えてきて、車窓から自然いっぱいの綺麗な景色を見ることができます。

f:id:tabibitoshuu:20200818133244j:plain

 途中の停車駅では、このSL列車に合わせて、看板等が蒸気機関車をイメージしたものに交換されています。

f:id:tabibitoshuu:20200818132919j:plain

 水上駅までは、約2時間の道のりです。

 往路は、水上駅に向かいにつれて、勾配のある上り坂が続きます。

 蒸気機関車の煙も、かなりの量になります💦

 気付かないうちに、鼻の中が煤で少し黒くなります(苦笑)

f:id:tabibitoshuu:20200818133006j:plain

 水上駅に到着した後は、この列車で一番の見どころである、

    蒸気機関車の切り離し~転回~連結シーン

を見ることが出来ます😁

 水上駅で、蒸気機関車は切り離され、転車台に向かいます。

f:id:tabibitoshuu:20200818133026j:plain

 そして、転車台でのこの転回シーン。

 物凄い見学者の数です💦

 転回が終わると、機関車は、高崎方面に向かい、水上駅を通り過ぎた地点まで進みます。

f:id:tabibitoshuu:20200818133147j:plain

 そして、バックして、水上駅に停車中の客車と連結するのです。

f:id:tabibitoshuu:20200818133122j:plain

 連結が終わると、

f:id:tabibitoshuu:20200818133214j:plain

 高崎駅に戻るため出発です。

 

 復路は下り坂が続きます。

 帰りでも、途中の停車駅では、

f:id:tabibitoshuu:20200818133336j:plain

 この人だかり😊

 いやあ、どこに行っても蒸気機関車は人気ですね。

 特急列車に追い抜かれるため、この駅では停車時間が長かったので、機関室を撮影してみました^^

f:id:tabibitoshuu:20200818133316j:plain

 

 SLばんえつ物語も、SLぐんまみなかみも、快速列車なので、運賃と指定席料金だけで乗車することができます。
 水上は、温泉で有名ですから、水上温泉で一泊して帰るのが良いと思います。

 また、信越線を走る場合は、「SLぐんまよこかわ」という名称で運行されています。

 機関車は、写真で紹介したC61-20号機ではなく、D51-498号機で運行される場合もあります。

 

 関東近郊では、JR東日本が3両の蒸気機関車を使った、長距離のSL列車を季節運行していますので、これらを組み合わせた温泉♨旅、お薦めです(^▽^)