「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅へ(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

話題の「ウポポイ(Upopoy)【国立アイヌ民族博物館】」に行ってみました^^

 

 2020年7月12日にオープンしたウポポイ。

 アイヌ民族の文化を紹介する施設として、最北の国立博物館も併設されています。

 当初は4月末開館予定でしたが、コロナの影響で延期が相次ぎ、結局7月となりました。

 そのため、7月1日~4日まで北海道旅行をした際に訪れる予定だったものの、ようやく今回訪問することが出来ました。

 

f:id:tabibitoshuu:20200917101003j:plain

 ウポポイの最寄り駅は、室蘭本線「白老駅」

 特急の停車駅でもあります。

f:id:tabibitoshuu:20200917100847j:plain

 白老駅は、ウポポイの開設に伴い、駅舎も作り直されました。

f:id:tabibitoshuu:20200917100921j:plain

 このとおり、新しい駅舎部分はピカピカです^^

f:id:tabibitoshuu:20200917100943j:plain

 旧駅舎の跨線橋は、取り壊し工事中でした。

 白老駅から7~8分歩くと、ウポポイがあります。

 道は、ほぼまっすぐですし、途中、白老町が設置したインフォメーション施設もありますから、迷うことはありません。

 駐車場を通り過ぎると、

f:id:tabibitoshuu:20200917101101j:plain

 施設が見えてきました。

 正面の大きな建物が国立博物館

 手前のシルバーの建物は、フードコートやカフェ、売店・休憩所等です。

 敷地内に入ると、かなり人が居ます。

 流石、出来たばかりの話題の施設ですね。

 

 現在ウポポイは、入場券が事前予約制です。

 コロナの影響で入場者数をある程度制限している為、事前にネット販売(コンビニでも買えます)で買っておくことをお勧めします。

f:id:tabibitoshuu:20200917101138j:plain

 こちらは、国立アイヌ民族博物館の入り口。

 写真に写っている通り、修学旅行生がワンサカ居ます。

 こちらの国立博物館は、修学旅行や北海道の学校による研修旅行が盛んで、この日も日曜日だというのに、中学生や高校生で日中は、ごった返していました。

 

 国立博物館の展示室は、現在、コロナ禍の影響で、かなりの人数制限を掛けていますので、事前に予約しないと入ることが出来ません。

 ウポポイの入場券をネットで買うと、同じサイトで博物館の予約整理券申し込みもできますので、必ず予約しておきましょう。

 ただし日中帯は、中高生の研修旅行がかなり入っていて、2週間前の予約開始日に申し込まないと、予約は困難な状況です。(閉館1時間前であれば、比較的直前でも予約できます)

 ギリギリで予定を決めたので、閉館間際の時間しか予約できず、ウポポイに長時間滞在することになりました(苦笑)

f:id:tabibitoshuu:20200917101204j:plain

 こちらは、アイヌの集落・建物を再現したものです。

 建物内では、生活の様子等を説明しています。

f:id:tabibitoshuu:20200917101807j:plain

 こちらも、定時のイベントで、アイヌ文化の紹介をしています。

 ただ、この日は雨天で、直ぐに雨が降ってきましたので、この屋外イベントは、1回で中止となりました。

 (雨天時は、屋内で行われます)

f:id:tabibitoshuu:20200917101830j:plain

 これは、フードコートから見た、ウポポイのホール(劇場)の外観です。

f:id:tabibitoshuu:20200917110401j:plain

 劇場では、アイヌの踊り等を見ることができますが、観覧には整理券を配っているため、事前に整理券を入手しないと見ることは出来ません。

 次は、

f:id:tabibitoshuu:20200917101225j:plain

 国立アイヌ民族博物館1階の、図書室(人数制限あり)と休憩コーナーです。

 コーヒーマシンがあり、1杯200円です。代金は売店で支払いをすることになります。

f:id:tabibitoshuu:20200917101247j:plain

 こちらも同じく、1階の売店と休憩コーナーです。

 正面のエスカレーターは2階展示室からのもので、展示室の見学が終わって降りてくると、売店に繋がっているというわけです。

 

f:id:tabibitoshuu:20200917101427j:plain

 こちらは、国立博物館2階の展示室入り口。

 1階にゲートがあり、時間指定の整理券が無いと、この2階に上がることは出来ません。

f:id:tabibitoshuu:20200917101320j:plain

 こちらは、博物館2階の展示室。

 コロナで入場制限が強く掛かっているため、室内は人が少なく、ゆったりと見学できます。

 動画撮影は一切禁止ですが、写真は撮ることができます。

f:id:tabibitoshuu:20200917101339j:plain

 アイヌ文化で装飾された、ヒグマの子供の展示物です。

f:id:tabibitoshuu:20200917101409j:plain

 こちらは、特別展示室。

 その時により、展示物が変わるものと思われます。

 この先は、撮影禁止でした。

 

f:id:tabibitoshuu:20200917101514j:plain

 夜の国立博物館

 夜は、プロジェクションマッピングが行われますので、周囲は鮮やかに彩られています。

f:id:tabibitoshuu:20200917101542j:plain

 プロジェクションマッピングが始まると、ショーに合わせて色が変化します。

f:id:tabibitoshuu:20200917101604j:plain

 体験交流ホールの外壁を利用して、プロジェクションマッピングは行われます。

 なかなか見ごたえのあるものでしたが、列車の時間も来てしまったので、途中で帰ることに...

 最後まで見れなくて、非常に残念な思いで、後ろ髪をひかれながら、ウポポイを後にしました😢

 

 以上が、ウポポイ体験記でした。

 最初は、博物館入場時間の都合上、6時間も滞在することになったので、暇を持て余すのではないかと思いましたが、ゆっくり過ごすことができ、良い体験となりました。

 見学時間は、3~4時間も滞在すれば充分だと思います。

 白老は、新千歳空港登別温泉のちょうど中間にある町ですが、ウポポイ以外他には特に何もないので、到着初日に、新千歳空港→ウポポイ→登別温泉というルートが定番になるのかなという感じです。

 GoToトラベルの、東京発着も予約開始となりましたし、ウポポイを旅のルートに入れてみてはいかがでしょうか?

f:id:tabibitoshuu:20200917111438p:plain

f:id:tabibitoshuu:20200917111439p:plain