「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅へ(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

宮古島の名所・名勝

 

 宮古島と言えば、ユニマットが運営する巨大な「シギラリゾート」があることで有名です。

 こちらは、そのシギラリゾート内の

f:id:tabibitoshuu:20201010102737j:plain

 シギラ海岸です。

 

 今回の旅は、シギラリゾート内に宿泊したので、ここを拠点に観光します。

 三つの大橋は別記事にしましたので、それ以外の訪問地の紹介です。

 まずは、宮古島を代表する名勝である「東平安名岬」へ。

 島の最東端にあるこの岬からは、

f:id:tabibitoshuu:20201010102827j:plain

f:id:tabibitoshuu:20201010102830j:plain

 雄大な景色が広がります。

 また、宮古島がサンゴの隆起した島であることから、サンゴ礁に囲まれていることもよくわかります。

 こちらの岬には「平安名埼灯台」が設置されています。

 灯台内部に入るには入場料(300円)が必要です。

f:id:tabibitoshuu:20201010102742j:plain

 

 次の写真は、名もなき高台からの海岸を見たものです。

f:id:tabibitoshuu:20201010102945j:plain

 高台から見ても、海の透明度がよくわかります。

 海の底が見えているのですから、本当に凄い透明度です。

 

 池間島の近くには、マングローブ林もあります。

f:id:tabibitoshuu:20201010104158j:plain

f:id:tabibitoshuu:20201010104231j:plain

 こちらは、やや観光ルートから離れているので、人は少なかったです。

 

 伊良部大橋でつながっている伊良部島にも、いくつか名所があります。

 こちらの写真は、「佐和田の浜」です。

f:id:tabibitoshuu:20201010103111j:plain

f:id:tabibitoshuu:20201010104847j:plain

 夕日の名所でもありますが、海の中に大きな岩がいくつも見られます。

 これは、津波で運ばれてきた岩だとのこと。

 だから、独特の風景なのですね。

 

 次は、通り池と呼ばれる場所です。

f:id:tabibitoshuu:20201010103135j:plain

f:id:tabibitoshuu:20201010104806j:plain

 海と繋がっており、ダイビングのスポットです。

 また、伊良部島とくっついている下地島には下地島空港があります。

f:id:tabibitoshuu:20201010105131j:plain

f:id:tabibitoshuu:20201010105134j:plain

 こちらの空港は、宮古空港よりも滑走路が長く、2019年に新しい旅客ターミナルも完成し、宮古列島におけるインバウンド需要の拠点でしたが、コロナの影響で国際線が飛んでいないことから、ガランとしていました。

 

 最後は、与那覇前浜での風景で締めたいと思います。

f:id:tabibitoshuu:20201010105453j:plain

 宮古空港も近いので、

f:id:tabibitoshuu:20201010105540j:plain

 上空を着陸直前の旅客機が通過します。

f:id:tabibitoshuu:20201010105623j:plain

 来間島の先に沈む夕日をじっと眺めながら...

 幻想的な時間です。

 都会の喧騒を完全に忘れられます...