「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

2021年4月第4週の投資成績

 

 今週は前半は急落が続き、後半は一転して反騰したりと、目まぐるしく流れが変わりました。

 新型コロナが一部のワクチン接種先行国を除いて再拡大していることで、弱含んだ一週間でした。

f:id:tabibitoshuu:20200814145540p:plain

 先週の持越し分については

 4月16日(金)

  買い持越し:アルプス電気

  空売持越し:無し

でした。

 4月19日(月)

  利確:アルプス電気

  損切:無し

  買い持越し:フタバ産業・JVCケン

  空売持越し:ゲンキードラ

 4月20日(火)

  利確:ゲンキードラ

  損切:フタバ産業・JVCケン

  買い持越し:フタバ産業・JVCケン・リケン・住友理工

  空売持越し:ゲンキードラ

 4月21日(水)

  利確:ゲンキードラ

  損切:フタバ産業・JVCケン・リケン・住友理工ジャフコ

  デイ空売りジャフコ

  買い持越し:フタバ産業・JVCケン・リケン・アルプス電気

  空売持越し:無し

 4月22日(木)

  利確:JVCケン・リケン・フタバ産業

  損切:アルプス電気

  買い持越し:フタバ産業アルプス電気

  空売持越し:ディスコ・東京製鐵

 4月23日(金)

  利確:ディスコ・フタバ産業アルプス電気

  損切:モバファク・東京製鐵

  デイ空売り:モバファク

  買い持越し:フタバ産業

  空売持越し:キャノンMJ

※長期保有:SI(優待用)・日本スキー開発(優待用)・東急不(優待用)・東和フード(4月優待)

 

 今週は、火曜日の日経平均600円級の急落を見て、たくさん買ったものの、水曜日の続急落で大きくやられ、負けとなりました。

 また、木曜日の約700円のリバウンドで、水曜日の大引けに再度仕込み直した銘柄が殆ど上がらなかった(アルプス電気はあろうことか、マイナス)ことも誤算でした。

 全体が反発しそうなときは、個別銘柄では無く、日経レバレッジを買った方が確実だと思うのですが、ついレバレッジを買うのは腰が引けてしまうんですよね。

 週間成績は、ゲンキードラッグ・ディスコの空売りで、まあまあ勝ったものの、急落での負けや余計な空売りでの負けをカバーできず、マイナス(ー15万)で終わりました。

 

 いよいよ今週末から決算発表シーズンに突入しました。

 注目の日本電産は、半導体不足から今期見通しが弱く、決算発表後大幅安となり、2月決算銘柄で弱い値動きとなった安川電機の「安川ショック」が尾を引いているような感じです。

 今月に入り、好決算銘柄でも急落するものが多いことから、先週から株価が高い銘柄の空売り参戦をしており、値動きに癖のある日本電産よりも、比較的素直なディスコの空売りを選択しましたが、決算内容は日本電産の方がかなり期待外れだったので、片方だけでは無く、両方行くべきだったと反省しています。

 来週も、東京エレクトロンアドバンテスト信越化学等の超高株価の主力株の決算発表が相次ぎますが、既に株価は買われ過ぎ水準なので、傾向を見ながら空売り参戦する銘柄を選別して、マイナスに沈んだままの月間成績の巻き返しを図ろうと思います。