「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

道東•釧路に滞在する旅(その2)

釧路を拠点にして、道東でのひとり旅も2日目。
今日から、JR北海道のフリーパスを使って各地を旅します。

この日は、花咲線根室に向かうことに(^^♪
根室までは、JRで3時間近く掛かる長旅です。
f:id:tabibitoshuu:20210520083343j:plain
釧路駅、午前8時18分発の根室普通列車に乗り込み、いざ出発🚃
東釧路駅を過ぎると、人家が無くなり、大自然の中をディーゼルカーはひた走ります。 
f:id:tabibitoshuu:20210520083608j:plain
花咲線の名物と言えば、根室駅の一つ手前の東根室駅で、ここは日本最東端の駅です。
根室はまだ桜が咲いていましたので、東根室では桜と鉄道車両を撮影している撮り鉄の方がおりました。

森の中では、線路内に蝦夷鹿が入り込んでいるので、甲高い警笛とブレーキが掛かったりを繰り返しながら進んでゆきます。
ボーっと車窓を眺めながら過ごしていると、いつのまにか根室駅に到着。
f:id:tabibitoshuu:20210520084338j:plain
根室駅からは、納沙布岬に向かうことにします。
f:id:tabibitoshuu:20210520084450j:plain
往復のバス割引券を買いましたが、結構なお値段^^;
バスに乗って約45分。
日本最東端の納沙布岬に到着です。
f:id:tabibitoshuu:20210520084722j:plain
納沙布岬にはタワーやオブジェ、資料館、お土産物店等が点在しています。
f:id:tabibitoshuu:20210520084837j:plain
f:id:tabibitoshuu:20210520084943j:plain
f:id:tabibitoshuu:20210520085226j:plain
すぐ近くには納沙布岬灯台もあります。
f:id:tabibitoshuu:20210520085043j:plain
f:id:tabibitoshuu:20210520085145j:plain
非常に小さな灯台ですが、何だか存在感があります。

施設が開いていれば、見学してから帰る予定でしたが‥‥
タワーも資料館も全部臨時休館。
急遽北海道に発令された緊急事態宣言の影響ですが、殆ど観光客が来ていないのに、こんな僻地の資料館迄閉めるのは明らかに過剰反応ですね。
北海道は緊急事態宣言がまだ二度目で慣れていないので、過剰に閉鎖したのでしょう。
緊急事態宣言下でも、プロ野球は観客入れて試合しているのに、元々少数の人しか訪問しない僻地の公共施設を閉めるなんて、本当にナンセンスです。

そういう訳で、予定を早めて、釧路に戻ることに。
花咲線は列車の本数が少ないので、時間に気を付けながら計画することになります。
バスは列車の時間に合わせて運行されていますので、乗り継ぎはかなり良いです。
f:id:tabibitoshuu:20210520090252j:plain
f:id:tabibitoshuu:20210520090330j:plain
そうそう。
納沙布岬からは、雪を被った知床連山や北方四島を見渡す絶景が広がります。

行きの列車も空いていましたが、帰りはもっと空いていました。
f:id:tabibitoshuu:20210520090533j:plain
途中、有名な落石付近の絶景車窓を満喫しながら、釧路に戻りました。