「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア後の投資生活)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

別府・亀の井ホテル

今回の北九州・大分別府旅で宿泊した宿は、別府駅から歩いて直ぐの「別府・亀の井ホテル」🏨
ここを選んだのは、JALダイナミックパッケージの予約時に♨&朝食付きで最も安い宿として出てきたことからでした。

別府亀の井ホテルは2015年からマイステイズ・ホテル・マネジメントが運営しています。
マイステイズ・ホテル・マネジメントは、先日外資系が保有していた大半のかんぽの宿を買収した企業であり、今年7月から「かんぽの宿」は「亀の井ホテル」ブランドに変更されるとの発表がありました。

1階は、ロビー

と和食レストラン・カフェ


があり、2階には朝食ブッフェ会場でもあるレストラン


等、3階は、温泉♨大浴場やゲームコーナー


等となっており、4階以上が客室です。
温泉大浴場はごく普通で、取り立てていうべき特長はありませんでした🥵

今回宿泊した部屋は、室数僅少のシングルルームで、温泉観光地であることから、大半の部屋はツインルーム等となっています。
部屋の様子は、




リニューアルされていて、かなり綺麗でした(^^)
ユニットバスは古いままですが、温泉大浴場があるので、特に問題ありません。
こちらのホテルは別府市内でも目立つ高層ホテルなので、部屋からの眺めが良いです♪


朝食ブッフェは、



思っていた以上のレベルで、席と席の間隔も取ってあり、1泊目は修学旅行生が居たのですが、気にならずに食事を摂ることが出来ました\(^o^)/
味もかなり良かったです。

パックツアー商品だったので、正確な宿代は不明ですが、一泊7〜8千円だと思います。
♨&朝食付きで、この値段であれば、納得のホテルだと感じました♪