「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅へ(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

今回の緊急事態宣言延長は政治的なものであり、感染抑制への効果は無いので、もう従う必要性は無いでしょう。

 

 明日で、2か月になる一都三県の緊急事態宣言。

 大半の方は、「2カ月もやったのだから、解除するだろう」と思っていたことでしょう。 

 何度も言います。

 2カ月も我慢したんですよ?

 我慢していない人も沢山居ますが、我慢していた人も沢山居るのです。

 我慢していた人に対するご褒美が、予定通りの解除なのです。

 特に、悪者に祭り上げられた、「居酒屋等の夜間営業の飲食店等(1日6万円の補助金の方が売り上げより多い、一部の一人営業の飲食店を除く)」にとっては、宣言の終了日が、長かった暗黒のトンネルから見える一筋の希望の光だったのです。

 ところが、政治的な理由でそれを翻す始末

 我慢をしていた方は、今まで我慢を強いられた分、色々な予定を組んで準備していた方が大半なのですから...

 

 ところが、突如浮上した「2週間の延長」独り歩きし、その言い出しの主導権を握る争いで、官邸と知事が鍔迫り合い

f:id:tabibitoshuu:20210305174454p:plainf:id:tabibitoshuu:20210305174453p:plain

 

 既に、新型コロナ感染者の減少はピークアウトし、ジリジリと増加傾向に転じてきています。

 人々も緊急事態宣言に飽き飽きしており、高齢者の一部を除くと、多くの人々が各地へ出歩き始めてしまっているのが実情です。

 各観光地や繁華街も、「1月より2月、2月より3月」の方が明らかに人出が増えています。

 近畿圏や福岡県が先行解除されたことから3月は、より人出が増えるでしょう。

 なぜこうなっているのかというと、それはもう人間の「行動抑制」の我慢の限界を超えてしまってきているということなのです。

 だから、これ以上緊急事態宣言の期間を延長しても、殆ど意味はありません。

 気候もだんだんと温かくなってきていますので、人々の行動も活発になってきています。

 ですからおそらく、期限である3月6・7日より、二週間後の3月20・21日の方が感染者が増えているという結果でしょう。

 それでも2週間後には、聖火リレーを実施し、オリンピックの開催に向けて解除せざるを得ないのだから、今回の2週間の延長には何の意味も無かったという結論になるのは明白です。

 

 それに当初、「東京都で1日500人を下回ったら解除するので、緊急事態宣言をさせて欲しい」と言ったのは、担当大臣ですよ?

 政治家は都合が悪くなると、自分が言ったことをすぐ忘れてしまいますから。

 いまや、高級官僚も政治家並みに、シラを切ったり言い訳ばかりで居座り、責任を取らずに乗り切ろうという連中ばかりですが……

  

 いくら緊急事態宣言しても、特に活動が活発な若い人の行動を止めることは出来ません。

 既に春休みに入っている人も多く、春の行楽シーズンは目の前ですから。

f:id:tabibitoshuu:20210305174339j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210305174442j:plain

 こちらの写真は、知人から貰った緊急事態宣言中のものですが、1月も2月も、スキー場は若い人で溢れていたようです💦

 


 

2021年3月第1週の投資成績

 

 今週も、ボラティリティーが大きい一週間でした。

 来週金曜日にはMSQがあるので、その影響も大きいのでしょうね。

 

 昨晩の民間イベントにおけるパウエル議長の金利上昇に関する発言内容が、あまりにも中身が無かったので、この発言前後でアメリカ株は「+150→ー700」まで一時急落。

 でもこれは特段の驚きでは無く、パウエル議長の発言は事前に想定されていた内容に過ぎなかったのですから、その後の急落も「予定調和」と言ったところでしょう。

 そして、木曜日・金曜日前場まで続いた日本株の急落と、後場の一気の切り返しも、「予定調和」と言った感じの値動きに見えたのは気のせいでしょうか? 

f:id:tabibitoshuu:20200814145540p:plain

 先週の持越し分については

 2月26日(金)

  買い持越し:東武理研ビタ・リケン・CRE(相場の変調が著しい為、長期保有をいったん中止に)

  空売持越し:無し

でした。

 3月1日(月)

  利確:リケン・東武

  損切:理研ビタ

  買い持越し:COLY

  空売持越し:アインHD

 3月2日(火)

  利確:アインHD

  損切:COLY・CRE

  買い持越し:無し

  空売持越し:アインHD

 3月3日(水)

  利確:無し

  損切:アインHD・CRE

  買い持越し:COLY・東武積水ハウス

  空売持越し:ロックフィールド

 3月4日(木)

  利確:積水ハウス東武

  損切:COLY・ロックフィールド・CRE

  買い持越し:積水ハウス・CRE

  空売持越し:無し

 3月5日(金)

  利確:積水ハウス・日経レバ・リクルート・リケン

  損切:CRE

  デイ買い:日経レバ・リクルート・リケン

  買い持越し:リクルート

  空売持越し:日駐

株主優待・配当:スキー開発・東急不・ひらまつ・大成温調・ホクリョウ・アルインコ・東武・OCHIHD・TOKAIHD・ウィンパートナ・大日塗料・ソーシャルワ・ホッカンHD・菱電商事アシード・安田倉庫・エスライン・立花エレ・リックス・平河ヒューテ・理研ビタ

※長期保有トリドール(優待用)・SI(優待用)・DD(優待用)・CRE(3月中旬まで)

 

 今週も弱い相場が続いた影響で、先月から買い持ちしており、含み損が増える一方だった理研ビタミンとCREを一旦損切りしました。

 今週は、新規上場のCOLYの買いが2度も大外れして、大きく負けた影響もあり、長期保有を止めて利確したリケンや積水ハウスの勝ちだけでは、負けを埋めきれませんでした。

 決算を跨ぐのは止める予定だったアインHDの空売りを、跨いで負けたのも痛かったです。

 週間成績は、マイナス(-10万)でした。

 

 今週は、先週に引き続き株価が軟調だったため、株主優待銘柄の仕込みをしました。

 大半はクオカード贈呈の銘柄ですが、今のところまあまあの値段で仕込めているので、全銘柄の損益トータルで小幅プラスという状況です。

 権利取り最終日前後には、日銀保有の巨額ETF等による配当落ち分再投資(今回は約1兆円と言われています)の買い需要が自動発生するので、3月の優待人気銘柄も今の軟調相場で安く仕込めていれば、ある程度利益も出て、優待や配当も実質タダ取りも可能ではないでしょうか?(あくまで投資は自己責任です。)

   

日本株は、今日も再度の急落😢

 

 昨晩、アメリカ国債金利が再び急騰(+0.1%超)したことで、アメリカのグロース株が軟調に。

 その影響で、本日の日本株は一時、日経平均で850円安(終値628円安)と、先週の金曜日(日経平均で1202円安)に続いての急落となりました。

 今日の大きな下げは、今晩のパウエルFRB議長の講演内容警戒と、MSQ絡みの動きだと思われますが...

f:id:tabibitoshuu:20210304132046p:plain

 ここにきてなんだか、急に崩れ始めた感じがしますが、振り返ると、アメリカ・ゲームストップ株の乱高下や仮想通貨の急騰と言った、局所的にバブルな動きが顕著に出ていた時点で、株式相場にも急ブレーキが生じるサインが点灯していたのだと思います。

f:id:tabibitoshuu:20210304141344p:plain

 超低金利政策が実施されているはずにもかかわらず、それに反する、アメリカ国債利回りの急騰は、空前の超大規模な財政出動と金融緩和だけで高値まで突き抜けた極めて歪なコロナバブル相場の象徴なのかもしれませんね。

 いま、コロナからの回復を見込んで、ありとあらゆる商品にジャブジャブのマネーが入り込んで、商品価格も上昇しています。

 それでインフレ率が上がってきているのですが、そうなると、中央銀行の利回り誘導操作だけでは、経済全体の動きを御するのは無理だということなのです。

 

 日本株で言えば、先週金曜日の1202円安だけではなく、今週火曜日に「+330円高からー350円安」という値動きが、相場に大きな変調が出たサインなのだと思います。

 「下げそうなら、空売りすればいいじゃん」と思えますが、最近は空売りで入っても、直ぐに急反発してことごとく踏み上げられる動きとなっていますので、現状で安易な空売りでの利益取得は難しいものと思われます。

 それに、来週金曜日にはMSQ(メジャーSQ)がありますが、それに向けた色々な思惑や裁定解消の動きも重なって、アメリカ株以上に日経平均が大幅に変動している原因なのでしょう。

 

 個人的には、このような相場状況の変化から、先月から長期保有予定で買い持ちしていた銘柄は、今週損切りして殆ど撤退しました。

 現在の保有株は、3月の株主優待目的で先週金曜日の急落以降に買い入れた銘柄ばかりに。

 

 今月末には、3月期銘柄の権利取りという大きなイベントがあります。

 特に、主に日銀が保有する巨額のETFに対し、権利落ち前後に配当落ち分再投資(今回は1兆円規模と言われている)いう巨大な買い需要が自動発生する点が、他の月の権利取りと大きく異なります。

 そこに向けて、どのタイミングで入るべきか、それを探る日々が続きそうです💦 

 

セミリタイア生活・2021年2月の家計簿

 

 2021年の2月もコロナの話題ばかりでしたね。

 緊急事態宣言も、人々の心には響かなくなり、休日の繁華街は、かなりの混雑という状況になった2月でした。

 「我慢を、長く強いることはできない」っていうことでしょうか。

f:id:tabibitoshuu:20200630153125p:plain

それでは、2021年2月の家計簿です。(いつも通り、ざっくり...)

2021年分から、投資利益に掛かるの課税分の計算も入れています。

  収入       約145.0万円(今月も収入は投資収益のみ)    

  支出        約33.5万円 

   内訳

    食費       約4.0万円

    光熱費      約1.0万円(電気・ガス・水道)

    携帯代      約0.9万円(二人分)

    インターネット  約0.3万円

    住居管理費    約2.5万円

    日用品代     約1.0万円

    保険商品代    約1.5万円

    国民健康保険料  約9.5万円

    不動産維持費   約3.5万円

    その他雑費    約9.3万円(大半は、3月予定の旅行代支払い) 

  収支      +約111.5万円   

  投資利益への課税  約29.0万円

  合計       +約82.5万円  

f:id:tabibitoshuu:20200630153123p:plain

〇収入

 2月も、収入は株取引による確定利益のみで、大まかな数字です。

 (逆日歩清算・手数料等で誤差あり。配当金は権利取得時に収益として先取り計算)

〇支出

 今月の支出は、来月の旅行代の支出がありましたので、先月と同程度に膨らみました。   

 今月も、生計の源である、元手500~1000万円程度で運用してる株の投資収益は、まあまあだったので、収支もまあまあと言ったところです。

 今後は、税金の支払いが続き、収支の悪化が予想されますので、引き続き投資収益である程度カバーできるように頑張ろうと思います。

   

2021年2月第4週の投資成績

 

 今週は特に後半、ボラティリティーの大きくなった一週間でした。

 日経平均は、水曜日480円安・木曜日490円高・金曜日1200円安と、先週の記事で少し書いた通り、アメリカ国債の利回りが急上昇し続けていることで、アメリカ株の上昇力が落ちているところに、先週週初の理由なき日本株急騰の反動も重なって、日本株アメリカ株以上に大きく下げる結果となってしまいました。 

 

f:id:tabibitoshuu:20200814145540p:plain

 先週の持越し分については

 2月19日(金)

  買い持越し:日本エスコン・MrMAX・乃村工藝社

  空売持越し:無し

でした。

 2月22日(月)

  利確:日本エスコン・MrMAX・乃村工藝社

  損切:無し

  買い持越し:東武

  空売持越し:無し

 2月24日(水)

  利確:東武

  損切:無し

  買い持越し:無し

  空売持越し:無し 

 2月25日(木)

  利確:いちご・ブロッコリー・DD・TSIHD(すべて2月優待)

  損切:USMH・アークス・ウエルシア(すべて2月優待)

  買い持越し:無し

  空売持越し:無し

 2月26日(金)

  利確:無し

  損切:無し

  買い持越し:3月優待権利取り用の買い

  空売持越し:無し

 ※株主優待・配当:スキー開発・東急不・ひらまつ・SI・トリドール・大成温調・ホクリョウ・アルインコ・東武・OCHIHD・TOKAIHD・ウィンパートナ

 ※長期保有:CRE・理研ビタ・リケン

 

 今週はついに、アメリカ株の変調が日本株にも波及し、特に金曜日は日経平均で1200円超の急落に😢

 個人的に、今週後半は外出していたことや、アメリカ国債金利上昇を危惧していたので、取引する予定銘柄も無く、様子見姿勢だったことから、急落の大きな被害は被らずに済みました。

 週間成績は、週初の勝ちでプラス(+10万)でした。

 

   

沖縄・恩納村「海の旅亭 おきなわ 名嘉真荘」での朝食

 

 今回は、先日記事にした「海の旅亭 おきなわ 名嘉間荘」での食事内容の続きです。

 夕食の写真が多すぎたので、朝食だけを別に紹介します。

f:id:tabibitoshuu:20210215135215j:plain

 

 朝食の写真は2枚だけです。

 1泊目の朝食は、

f:id:tabibitoshuu:20210220120711j:plain

 この内容です。

 お重に盛り付けられた朝食は、なかなか豪華なもの。

 満足の朝食で、美味しく頂きました^^

 

 連泊2泊目の朝食は、

f:id:tabibitoshuu:20210220121156j:plain

 メインの魚が、メザシとなります。

 個人的には、1泊目の朝食内容が良く、期待してしまった分「...」と感じました。

 

 沖縄の他のリゾートホテルの朝食ですと、何処に宿泊しても大体は沖縄の食材を取り入れた洋食系のメニューであり、こういう和風の朝食はなかなか食べられないのかなと思います。

 

 何度も沖縄を訪れている方は、たまにはこのような和風の高級旅館に宿泊するのも、ちょっと乙な感じがしませんか?

 

 間もなく緊急事態宣言も解除されますし、春の旅行シーズンも始まります。

 GoToトラベルも、いずれ再開されるでしょうから、GoToを使えば名嘉間荘も、まずまずの値段で宿泊できますので、今年GoToで沖縄を観光する際には、こちらの宿を検討に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

沖縄・恩納村「海の旅亭 おきなわ 名嘉真荘」での夕食^^【計4回分】

 

 今回は、先日記事にした「海の旅亭 おきなわ 名嘉間荘」での食事内容の紹介です。

f:id:tabibitoshuu:20210215135215j:plain

 写真だらけの記事となりますが、ご容赦のほどお願いします。

 

 それでは、1回目(2020年12月初旬)の1泊目から行きます。

f:id:tabibitoshuu:20210220120548j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220120611j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220120634j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220120637j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220120640j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220120646j:plain

 以上です。

 いやあ、沖縄の宿で、このようなご飯が出るというのは珍しいですね。

 メインは「沖縄特産豚のすき焼き」で、勿論美味でした。

 豚なのに、牛のすき焼きを食べているような味わいだったのを今でもよく覚えています。

 

 連泊の場合、勿論1泊目とメニューが変わります。

 1回目2泊目の夕食は、

f:id:tabibitoshuu:20210220120722j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220120735j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220120817j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220121151j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220120826j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220120830j:plain

 「カニしゃぶしゃぶ」と天ぷらがメインという内容です。

 前菜も異なりますが、1泊目と雰囲気は同じなので割愛しました。

 写真を見ていると、よだれが出てきます^^

 

 次は、2020年12月の中旬に宿泊した時のメニューです。

 2回目1泊目の夕食ですが、

f:id:tabibitoshuu:20210220122255j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122258j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220121250j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122302j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122306j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220121255j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220121304j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220121310j:plain

 メインは「カニしゃぶしゃぶ」で、1回目2泊目と同じものでしたが、それ以外は異なっていました。

 1回目の夕食と少し似通ってしまったのは、同じ12月に行ったので致し方の無いところです。

 一部同じメニューでしたが、十分美味しく頂きました^^

 

 2回目2泊目の夕食は、

f:id:tabibitoshuu:20210220122131j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122135j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122138j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122141j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122205j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122208j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122212j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210220122216j:plain

 メインは、1回目1泊目と同じ「豚すき焼き」で、天ぷらもかぶりましたが、それ以外は異なっていました。

 二度目の「豚すき焼き」でしたが、もちろん美味しかったです^^

 

 写真で見てどう感じましたか?

 個人的には「流石、沖縄で初の「和風高級宿」をコンセプトに作られた新しいお宿の夕食だなあ」と感じました。

 このような和風懐石を食べられる沖縄の宿は、非常に少ないので、「名嘉間荘」が貴重な存在であることに間違いありません。

 沖縄で、北海道から取り寄せた「カニ」をメイン食材として提供している部分については、旅行サイトの口コミ等を読むと少し賛否両論あるようですが、沖縄の方を和風でもてなすというコンセプトも兼ね合わせている宿ですので、個人的には高級食材だし、「沖縄でもカニいいんじゃない?」と思っています。

 朝食については、簡単な記事を別に書こうと思います。

 それでは😊