「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

2022年1月第3週の投資成績

 

 今週の日本株は、前半は強い動きだったものの、日銀会合後に一旦上に飛んだ後、急落。

 そのまま続急落基調で終わりました。

 来週前半にはFOMCがあり、そこを通過するまでは軟調地合いが続くでしょう。

 また、そのFOMCでテーパリングの加速や利上げの更なる早期実施が決定されれば、続けて下げる可能性も高いので、FOMCの内容を見極めるまでは、無理に手を出す必要は無い(空売りは別ですが)と思います。

f:id:tabibitoshuu:20211226122719p:plain

 先週の持越し分については

 1月14日(金)

  買い持越し:SHIFT・バロック・TSIHD・串カツ田中・リンガー・日立金属

  空売持越し:古野電気

でした。

 1月17日(月)  

  利確:SHIFT・バロック・TSIHD・串カツ田中古野電気

  損切:無し

  買い持越し:無し

  空売持越し:無し

 1月18日(火)

  利確:無し

  損切:無し

  買い持越し:川本産業

  空売持越し:無し

 1月19日(水)

  利確:日立金属

  損切:川本産業

  買い持越し:日立金属・川本産業

  空売持越し:無し

 1月20日(木)

  利確:日立金属・川本産業・東京製鐵・信越化学

  損切:無し

  デイ買い:東京製鐵・信越化学

  買い持越し:信越化学・東京私鉄

  空売持越し:無し

 1月21日(金)

  利確:無し

  損切:信越化学・東京製鐵

  買い持越し:東京製鐵

  空売持越し:

 ※長期保有:日本スキー(優待用)・東急不(優待用)

 

 今週は、月火水はスキー旅行中でしたので、取引はほとんどしませんでした。

 木曜日の夜は、流石にアメリカ株も少し上がるだろうと、一部銘柄を買ってみたものの、午前2時過ぎまでは大幅反発していたものが、午前6時の終了時点では、NYダウ・NASDAQ共に、まさかのマイナス転換・安値引けで終了となっており、こうした値動きからもアメリカ株の軟調度合いは、かなり深刻な様子が見て取れました。

 一部ではアメリカ株のバブル(ダウ36000ドルはバブル相場と言えると思います)が弾け始めているのではないかと言う話も出てきてますから、少し気を付けた方が良さそうです。

 

 個人的には、金曜日に手を出した、SHIFT・TSIHDの買いと古野電気空売りがいずれも当たったので、その後の相場急落の影響での負けもありましたが、週間成績はプラス(+30万)で終われました😊

 

スキー🎿最終日(オミクロン禍下で、また修学旅行の団体と遭遇)

今回の3日間の🎿旅ですが、2日目は吹雪と強風で滑るのを断念したものの、最終日は
f:id:tabibitoshuu:20220120100650j:plain
ご覧の様に好天に☀
天気予報は☁⛄だったので、良い方に外れました(^^)

リフト運転開始時から滑り始めたのですが、
f:id:tabibitoshuu:20220120100921j:plain
おやおや、ここにも舞子高原ホテルに宿泊している修学旅行の高校生軍団が...
オミクロン騒動の影響で、普段のオンシーズンと比べてスキー場内の一般客は少なかったので、非常に目立ってしまっている修学旅行の軍団。
この御時世に団体旅行を敢行しているのは、一体どこの県?

NASPAニューオータニに修学旅行で来ていた兵○県立の高校もそうですが、「規制が掛かる前に行っちゃえ」と感染爆発中に不必要な団体旅行を強行するのは如何なものかなあと思います。
政府分科会会長の尾身君も「オミクロンで人流を止める必要は無いが、人数制限をしっかりかけるべき」と言っているのですから、普段集団生活をしている大集団が修学旅行を敢行する事だけはダメだと思います。
まさに人数制限の対象こそ、小中高の修学旅行ですからね。
しかも、新潟県は金曜日からまん延防止等の対象県なのです...
スキー場は、屋外で広大ですから他人に感染させる確率はほぼ無いでしょうが、問題は宿泊しているホテル。
スキーが終わればホテルに缶詰めとなるのですから、修学旅行の団体が夕方から朝までホテル内をうろつき、大浴場を大騒ぎして利用していれば、オミクロン株を他の宿泊客にバラ撒いているのも同然。
都市部の各自治体の教育委員会は、現時点を持って「本年度の修学旅行を打ち切る」決断をすべきだと思います。

問題提起は、これくらいにしておいて、
f:id:tabibitoshuu:20220120102350j:plain
f:id:tabibitoshuu:20220120102415j:plain
f:id:tabibitoshuu:20220120102500j:plain
f:id:tabibitoshuu:20220120102530j:plain
この日舞子スノーリゾートで撮影した絶景写真を載せておきます。
雪質も、舞子で滑り始めてから約三十年、100回位来ていますが、今迄で最良だったと思います。

🎿を滑り終えて、帰路に...
天気・雪質が良く、人も少なくて非常に快適だったので、後ろ髪を引かれる思いでしたが、予約した新幹線の時間が迫って来たことから、
f:id:tabibitoshuu:20220120103043j:plain
帰宅と相成りました😢
今年に入ってから、オミクロン株の急速な感染拡大状況のため、旅の計画は立てていないので、今後1カ月は自宅警備員をすることになります💦

新潟県一人🎿旅に来てますが...オミクロン禍下での修学旅行敢行への疑問

オミクロン株の大流行が続いていますね。
昨年12月に予約した🎿一人旅の為、新潟県に滞在しています。
不良債権の負動産の手入れもしなければならないので、そっちがメインの🎿旅です。
昨日の越後湯沢駅周辺は、
f:id:tabibitoshuu:20220118180220j:plain
こんな感じでしたが、昨晩からの大雪で今日は
f:id:tabibitoshuu:20220118180315j:plain
こうと、一晩で四十センチ位降ったのだと思います。
駅西口ロータリーにある足湯も
f:id:tabibitoshuu:20220118180437j:plain
雪に埋もれて管理の人が除雪していました。

びっくりしたのが、🎿🏂目的の修学旅行が来ていることです。
f:id:tabibitoshuu:20220118183746j:plain
昨日宿泊したNASPAニューオータニでも、
f:id:tabibitoshuu:20220118180801j:plain
こんなお知らせが...
今日(1月18日)宿泊するのは、兵○県立加古○南高の修学旅行のようですが、高校生の大軍団が大浴場使うのなら、その後には入りたくないですよね。
オミクロン株は、集団生活をする小中高生の間で急速に大流行しており、冬休みが終わってまだ1週間しか経っていないのに、あっちこっちの学校で学級閉鎖・学校閉鎖の嵐となっており、兵庫県も例外ではありません。
ですから、高校生が集団で入った後の大浴場には非常に高確率でオミクロン株が漂っていることでしょう。
まさか高校生達が、マスク着用で大浴場を利用する訳では無いでしょうし、一般客は一緒になるのを避けるでしょうから、大はしゃぎするのは確実です。
彼等と宿泊が一日ズレてて助かりました🥵
被っていたら、大浴場の利用は控えたと思います。
せっかくの♨なのに、入らずじまいでは魅力半減ですが...

NASPAをチェックアウトし、越後湯沢駅東口でバスを待っていると、
f:id:tabibitoshuu:20220118180718j:plain
大はしゃぎの小学校と思われる修学旅行生が...
先生が「騒ぐな」と怒鳴っていたものの、誰も言うことを聞かず、雪に触れてはしゃいでいました。
まあ東口は人も疎らだし、大目に見ましょう。

バスに乗っていると、対向車線からやはり修学旅行と思われる観光バス5台🚌が走ってきてすれ違いました。
修学旅行に行けないのは可哀想だと思いますし、自分はwithコロナ派ですが、ここまで感染者が増えたら修学旅行は控えて欲しいなあと思います...

トンガの火山大噴火で、数年間は異常気象に注意

昨日、トンガ王国のフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山が大噴火(VEI6)しました。
非常に活発な火山でも、既に噴火が始まっていたのですが、昨日の大噴火は100〜1000年に1回の規模とも言われています。
その影響で、日本では夜中に津波警報が出て大騒ぎとなっています。
f:id:tabibitoshuu:20220116134547p:plain
今回の大噴火は、1991年のフィリピン・ピナトゥボ火山の大噴火と同規模、若しくはそれを超える規模のようです。
ピナトゥボ火山の大噴火の時は、数年間に渡り地球規模の異常気象を引き起こし、日本では1993年に記録的な冷夏となって、米が戦後最悪の大凶作となり、平成の米騒動が発生しました🥵
あのバブル末期の米騒動では、緊急輸入したタイ米が「不味い」とか色々な騒ぎになりましたね〜。
f:id:tabibitoshuu:20220116134548p:plain
ジャパンアズナンバーワンと言われていた時代ですから、「日本人は贅沢だ」等の批判もありましたが、今回の大噴火で地球規模の異常気象が発生し、食糧不足が発生しても、日本は衰退し過ぎで通貨安もあって、他国との食糧調達競争が発生すれば、完全に買い負けしてしまい、十分な量の調達が出来ないでしょうね。

フィリピンとトンガでは場所がだいぶ異なるので、単純な比較は出来ません。
しかし31年前と、世界の人口も経済状況も食糧生産状況も異なっており、特に日本の世界におけるポジションは当時から大きく低下しています。
ただでさえ、コロナで状況が悪いところに、今回の噴火で異常気象が発生するのは確実ですから、飢饉が発生しないことを願うばかりです🙏😢

2022年1月第2週の投資成績

 

 今週の日本株は、SQ週であったこともあり、思っていた以上に乱高下した一週間でした。

 軟調相場気味の中、バリュー株買いが長続きしていることに意外感を持ちました。

 ここ数年は、バリュー株が「割安だ」と一時的にもてはやされても、最終的には下げて元に戻ってしまい、結局はグロース株だけが上がるのみでしたから、今回もそうなる気がします。

 ただ、今年の大テーマになりそうなEV関連はバリュー株であっても上がるような気もしますが...

f:id:tabibitoshuu:20211226122719p:plain

 先週の持越し分については

 1月7日(金)

  買い持越し:ベルク・カーブス・ライドオンEX

  空売持越し:無し

でした。

 1月11日(火)

  利確:ベルク・ライドオンEX

  損切:無し

  買い持越し:ライフ・アレンザHD

  空売持越し:タマホーム・クリエイトSD

 1月12日(水)

  利確:ライフ・アレンザHD・安川電機

  損切:タマホーム・クリエイトSD

  デイ空売り安川電機

  買い持越し:吉野家・OSG・ABCマ・サトウ食品

  空売持越し:無し

 1月13日(木)

  利確:吉野家(PTS)・OSG(PTS)

  損切:ABCマ(PTS)

  買い持越し:乃村工芸・オンワード・7&I・久光薬

  空売持越し:無し

 1月14日(金)

  利確:乃村工芸・7&I

  損切:久光薬・サトウ食品

  買い持越し:SHIFT・バロック・TSIHD・串カツ田中・リンガー

  空売持越し:古野電気

 ※長期保有:日本スキー(優待用)・東急不(優待用)

 

 今週は、タマホーム・クリエイトSD・久光薬の空売りで大外ししましたが、OSG・7&Iの買いが当たり、取り返すことが出来ました。

 それ以外はあまり値動きが無く、トントンと言った結果に。

 決算発表後大概下がるローソンや商品値上げで好業績予想を出せないキューピーの空売りも検討していましたが、見送ってしまったのが悔やまれます。

 全体的に取引を控え過ぎで、利益を取り切れなかった一週間でした。

 

◎今週の取引を振り返ると...

 タマホーム:業績の伸びが止まったとみて空売りを入れたが、上方修正を食らい見事に外れ。19%高。

 久光製薬:人流回復で湿布薬も回復し、業績の続落基調が止まったかもと判断し買ったものの、見事に外れ。10%安。

 OSG:今期の好業績・増配は事前予想通りでしたが、自社株買いの発表がサプライズに。16%高。 

 7&I:買収で巨大になった海外事業における円安の影響が大きく、上方修正。決算発表翌日の寄付き時にSQ絡みの買い需要が発生したことも重なって大幅高。寄り天の8%高。

 ABCマート:悪材料出尽くし狙いで買ったが、サプライズの自社株買いはあったものの、優待廃止のネガティブで下がると思い、PTSで処分したら、予想外の小幅高。

 ベルク・ライフ:予想以上の好決算でしたが、食品スーパーと言う不人気業種の為、小幅高止まり。

 サトウ食品:今週のカンブリア宮殿で取り上げられることから買ったものの、放送翌日は大幅安😢

 

 日経平均先物miniは、週前半でパウエル議長の議会証言後の読みを大きく外して負けてしまい、以後個別株の分析の方が忙しかったので、取引回数が激減しました。(少し高低を大きめに取って注文を入れるように変更したのですが、約定しないパターンが続いたので、取引が無かっただけですが)

 先物はまだまだ勉強中です。

 週間成績は、プラス(+10万)でした😊

 

オミクロン株で日本経済は大混乱ヘ

ついに、オミクロン株の猛威が日本を襲い始めました。

ところが、政府や地方自治体は、今までのコロナと同じ対策をするばかり...
オミクロン株の怖さは、その非常に強力な感染力の為、今までのコロナ対策と同様に感染者やその予備軍を社会から隔離し続けてしまうと人員不足に陥り、経済・社会活動が止まってしまうことに尽きます。

ですから、日本政府がやっている原則隔離は間もなく限界に。
このまま急増する感染者や濃厚接触者を2週間や10日間隔離し続けていると、経済・社会の活動を支える人達が欠勤だらけに。
医療機関だけではなく、物流・公共交通・役所等の社会機能全てが停止する事態になってしまうのです。

だから、殆どの国はオミクロン株に対して、厳しい措置を取っていません。
オミクロン株に対して、「鎖国・ゼロコロナ」をやっているのは、最早日本と中国のみ。
今まで厳しい措置を繰り返していたイスラエルシンガポールもオミクロン株に対しては、そうした対応を取ることを諦めました。
日本と同様に鎖国していたイスラエルは、既に外国人の入国を全面再開しています。
あまりにも感染力が強過ぎるので、感染拡大の抑制を諦めて、「社会活動停止をしない・経済優先」の決断を殆どの国が実施しているのです。
しかし基本的に日本人は決断力が無いから、そうした方向に舵を切れないまま、ずるずると泥沼に嵌っていってしまいます。

日本ではこのまま行けば、来週末には社会インフラに一部障害が生じ始め、再来週末には「陽性者のみ、それも短期間隔離(アメリカ・イギリスは5日間に短縮済み)に変更すべきだ」との異論も強くなり、最終的にそのように変更せざるを得なくなるでしょう。
そうなると潜在的な感染者の行動抑制が欠如した状態に陥り、「感染の連鎖→感染爆発」へと進んでしまうのです。
でもオミクロンの場合、制御不能に陥るのは致し方ないのです。
大半の人はインフル程度の症状で終わりますから、「感染対策は自己責任で」ということに。

爆発的に増えると、日本の貧弱な検査体制では感染者数を把握出来なくなって、発表される数字に大して意味がなくなるでしょうが、実数では1日あたり十万人単位の感染者が出るようになります。
そして、感染爆発は危機を短い時間で終わらせることになるので、3月には収束に向かうことに。

今後オミクロン株の感染は、このような流れになるでしょうから、影響を強く受けるだろう業種の株は取引を慎重にすべきだと思います。
ただでさえ、FRBのテーパリング・利上げ懸念で株価は軟調になってきていますから、無理に持ち続ける必要は無いでしょう。
日本が「ゼロコロナ」政策を放棄し、それを世論が受け入れ、「ウィズ・オミクロン」に政策変更されるまで、一時的に一部必需品に欠品が出る可能性も高いので、保存の効く食料品や日用品を一定量ストックしておきましょう。
f:id:tabibitoshuu:20220113223421j:plain
旅に行くのなら、春になってからとなりますね。

注目の安川電機の決算発表は😢

相場への影響が大きい2月決算銘柄の安川電機が決算発表しました。
f:id:tabibitoshuu:20220113103928p:plain
第3四半期の決算内容は、
      営業利益130.65億
      経常利益133.91億
       純利益 96.10億

数字的には十分好決算だと思いますが、第2四半期と比較すると、いずれも小幅に減益となっており、円安も加味して160〜170億円前後だった市場予想を下回っていることから、明日以降大幅安となることが見込まれます。
安川の決算警戒で今日大幅安だったSMCやファナック等、グロース株はまだまだ厳しい状況が続きそうです。
今夜のパウエル議長の議会公聴会や翌日のアメリカCPI等でも高インフレが続いていることが確認されるだけでしょうから、グロース株には厳しい展開が続くでしょうし...
個別にみると安川株には、空売りが多数入っていることやSQ間近なので、一時的に上昇する仕掛け買いが入るかもしれませんが、結局下がるでしょう。
決算で大きく下げても、気づくと株価が元に戻っているのが安川株の特徴でもあるので、相場全体が急落しなければ、3か月後にはある程度戻っているのだと思います。