「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

2021年5月第2週の投資成績

 

 今週はGW中のため、2営業日でしたが、連休中の世界株が堅調な上、一旦下げていた原油価格の上昇が顕著となってきたことから、バリュー系銘柄を中心に上昇ムードとなりました。

 

 今週の値動きで目立った銘柄は、「AI inside」でしょうか。

 先月末に、売上げの大半を占めるNTT西日本との契約の大半が打ち切りになると発表したことで、株価は大暴落。

 4月28日の終値は37300円でしたが、その後、連続ストップ安となり、今週金曜日に取引が成立したものの、株価は17000円前後と6割近い値下がりとなってしまいました。

 新興市場は、値動きが激しいので、当たれば大きな利益を取れる半面、一歩間違えれば大負けということもあります。

 近年で言えば、サンバイオやアキュセラインク(現、窪田製薬HD)が、新薬期待での大暴騰後に、治験失敗の発表で大暴落となったことが記憶に新しいのですが、この時も、それぞれ直前株価の7~8割の下げで、ようやく取引成立となっています。

 株の世界では、そういうこともあるということを肝に銘じておきたいです。

f:id:tabibitoshuu:20200814145540p:plain

 先週の持越し分については

 4月30日(金)

  買い持越し:アルプス電気・アルインコ・住友商事

  空売持越し:無し

でした。

 5月6日(木)

  利確:住友商事アルプス電気・ヒロセ電機

  損切:アルインコ

  デイ空売り:ヒロセ電機

  買い持越し:住友商事

  空売持越し:任天堂アルペン

 5月7日(金)

  利確:任天堂アルペン

  損切:物語コーポ

  デイ空売り:物語コーポ

  買い持越し:T&K・JFE

  空売持越し:物語コーポ

※長期保有:SI(優待用)・日本スキー開発(優待用)・東急不(優待用)・住友商事

 

 今週も、決算発表絡みの銘柄での取引ばかりでしたが、大きな負けは無く、まずまずの結果でした。

 週間成績は、大半は決算銘柄空売りの勝ちで、プラス(+25万)でした。

 

 今週の取引で悔やむのは、せっかくヒロセ電機の空売りを持っていたのに、木曜日の決算持越しを止めてしまったことです。

 前期の決算が良すぎて、今期が減益見通しとなったことから、金曜日の値下がり率は12%超という急落ぶりでした。

 

  

 

 

迷走する緊急事態宣言

 

 4月25日から始まった緊急事態宣言。

 2週間程度では、目に見えるような効果は現れず、延長見込みとなっています。

f:id:tabibitoshuu:20210423122302p:plain

 効果があまり出ないのは、それもそのはず。

 GW中、自粛自粛と言っておきながら、オリンピック絡みの予選会やテスト大会は、予定通り開催し、テレビ中継までしている始末ですから...

 こういうのを「アンビバレント」「ダブルスタンダード」というんでしょうね。

f:id:tabibitoshuu:20210423122311p:plain

 国民に自粛を求めるのならば、オリンピック絡みの大会等も全部延期や中止にしなければ、自粛要請との整合性が無くなってしまい、人々に応じる気持ちを失わせます。

 ただでさえ、今年の緊急事態宣言は、長々とずっと掛かっている状態ですから、従わなくなるのは当たり前のことです。

 

 特に今回北海道は、オリンピックのマラソンのテスト大会が5日に予定されていたので、5月2日に非常に高い感染者数を記録したにもかかわらず、3日間放置。

 そしてテスト大会が終わった、5月5日午後に道の会議を開いて、政府に蔓延防止措置適用の要請という、官邸やオリンピックばかりを見た露骨な行動をしましたからね。

f:id:tabibitoshuu:20210506153351p:plain

 大阪が悲惨な状態になってしまったのも、3月末から感染者が急増したのに、緊急事態宣言の要請を行うことで、首相の訪米が中止になっては不味いと、大阪府知事が忖度し、菅総理が帰国した4月19日まで、緊急事態宣言の要請を遅らせたという、不都合な事実が大きく影響しているのです。

 

 ここにきて、国も都道府県も、間近に迫った「オリンピック開催ありき」で行動しているから、コロナ対策の政策が、心に全く響かず、行き詰っているのでしょう。

 オリンピック絡みのイベントだけ特別扱いするから、反発も生まれるし、禁酒令も逆効果でしかありません。

 もし本気でオリンピックを開催したいのならば、一人当たり10万円以上の給付金交付を決断し、「お金を出すから、家に居てください」と訴えるしか手段はないのです。

 これをやらない限り、同じことの繰り返しになるだけで、7月に再び緊急事態宣言をしなければならなくなるでしょう。

 昨年の1回目の緊急事態宣言で、かなり効果があったのは、初めてのことだったのもありますが、10万円給付金の影響が相当あったことに間違いありません。

 お金貰えるのに、堂々と自粛破りは出来ないですからね。

セミリタイア生活・2021年4月の家計簿

 

 2021年4月もコロナだらけでした。

 緊急事態宣言が再び発令されましたが......って感じですね。

 緊急事態宣言が出ていて、感染者が急増しても、オリンピック絡みの大会は一つも中止にならず、それ以外の部分では厳しい自粛を求めていますよね。

 このように、相反する指示を示し続ける国や地方自治体の滅茶苦茶な方針ですから、人々が従わなくなるのは当然だと思います。

f:id:tabibitoshuu:20200630153125p:plain

それでは、2021年4月の家計簿です。(いつも通り、ざっくり...)

2021年分から、投資利益に掛かるの課税分の計算も入れています。

  収入            0万円

    (内訳:投資収支-20万・旅妻バイト20万)    

  支出        約30.5万円 

   内訳

    食費       約4.0万円

    光熱費      約1.3万円(電気・ガス・水道)

    携帯代      約0.9万円(二人分)

    インターネット  約0.3万円

    住居管理費    約2.5万円

    日用品代     約1.0万円

    保険商品代    約1.5万円

    不動産維持費   約3.5万円

    その他雑費    約9.0万円(スマホの買替えを含む) 

  収支       ー約23.0万円   

  投資利益への課税戻し 約4.0万円

  合計収支     ー約19.0万円  

f:id:tabibitoshuu:20200630153123p:plain

〇収入

 今月は、投資収益がマイナスだったものの、ちょうど家族がアルバイトをしていたため、収入は差し引きゼロとなりました。

〇支出

 税金関係の支出は5月以降となりましたので、巣ごもり生活の基本的な支出のみとなりました。

   

2021年4月第5週の投資成績

 

 今週は、決算発表が相次ぎましたが、流れはあまり良くないように感じました。

 コロナバブルで一部銘柄の株価が上がり過ぎたことで、相当良い決算発表内容でなければ、一旦下げる展開になるパターンが目立ちますね。

 特に長期保有の方は、今回の決算を跨ぐ場合、注意が必要でしょう。

f:id:tabibitoshuu:20200814145540p:plain

 先週の持越し分については

 4月23日(金)

  買い持越し:フタバ産業

  空売持越し:キャノンMJ

でした。

 4月26日(月)

  利確:無し

  損切:フタバ産業・キャノンMJ

  買い持越し:無し

  空売持越し:富士通ゼネ・日本エスコン

 4月27日(火)

  利確:日本エスコン積水化学・テス(IPO)

  損切:富士通ゼネ・アステラス

  デイ買い:アステラス・積水化学

  買い持越し:フタバ産業

  空売持越し:アドバンテスト

 4月28日(水)

  利確:アドバンテストトクヤマフタバ産業(PTS)・アイシン

  損切:東和フード

  デイ買い:積水化成品・アイシン

  デイ空売りトクヤマ

  買い持越し:スミダコーポ・エプソン

  空売持越し:信越化学

 4月30日(金)

  利確:信越化学(PTS)・スミダコーポ・エプソン(PTS)

  損切:積水化成品

  デイ空売り:モバファク

  買い持越し:アルプス電気・アルインコ・住友商事

  空売持越し:無し

※長期保有:SI(優待用)・日本スキー開発(優待用)・東急不(優待用)

 

 今週は、決算発表絡みの銘柄での取引に終始しましたが、今回は相当難しい値動きが続いているので、利益がなかなか出ませんでした。

 週間成績は、月・火は負け続きでしたが、水・金はPTSで何とか逃げ切れたこともあり、勝ちが多かったので、プラス(+10万)で終わりました。

 

 ただ今月は悪い大きな勝ちが無かったことや、買った銘柄が予想以上に軟調な値動きの1カ月だったことで、月間成績は2018年12月以来のマイナスで終わりました。

 

  

 

 

GWは、まあまあの人出。緊急事態宣言での禁酒令や東京都だけに限定したことが裏目に。

 

 いよいよ、今日からGW。

 4都府県に緊急事態宣言が出ていますが、宣言後もGW旅行のキャンセルは、7%程度に留まったそうです。

 ですから、4都府県以外の観光地は、観光客でそれなりに賑わうことでしょう^^

 いくら自粛を訴えかけても、もう意味は無いのです。

 

 昨年、GWを潰され、お盆休みも潰され、年末年始も潰され、コロナ禍下で日本の数少ない長期休暇は潰されまくってきたのですから、今回位は、旅行を事前予約していた方は出かけても構わないと思います。

 勿論、「感染症対策はキチンと行った上」での条件付きですが。

 直ぐ顎マスクにしてしまうような、マスクの着用の基本すら守れない人は、旅に出てはいけません。

 

 東京都は、大型商業施設の閉鎖要請をしましたが、これはあまりにも自己都合のやり方で、酷いと思います。

 一都三県は一心同体と言っておきながら、いざという時は、自分たちの地域だけ人出を少なくしようとする政策は、結果的にブーメランとなって戻ってくることになり、逆効果となるでしょう。

 今回のGW、都民は近くの商業施設が閉まっていれば、少し遠くの3県にある大型商業施設に繰り出すだけ。

 だから、3県にある大型商業施設は、いつも以上の大混雑となります。

 密集を避けるために、それぞれの都県が分担をして、人出を分散させなければならないのに、逆にリスクを高めている。

 今回の宣言での東京都は、愚策を取ったということです。

 

 そもそも、このGW中、都の職員二十数万人とその家族のうち、万単位の職員・家族が、自粛要請を破って都県境を越えて出かけます

 都の職員すら守れないような要請を、都が都民に要請していることに無理があるのです。

 都の見回り隊は、飲食店の見回りをする前に、都の職員が自粛破りしていないか、徹底的に見回るべきでしょうね。

 

 因みに昨年のGWの羽田空港内は、

f:id:tabibitoshuu:20210428165421j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210428165627j:plain

 荷物検査場も、待合室も、ほぼ誰も居ない状態でした。

 写真に写っている荷物検査場の検査官も、みんな暇そうです。

 コロナの未知の恐怖が、過剰に出たことで、このようになったのです。

f:id:tabibitoshuu:20210428165433j:plain

 この掲示板の通り、各地への便は殆どキャンセル状態。

 人が居ないのも当然でしたが...

 

 那覇空港内も、

f:id:tabibitoshuu:20210428165601j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210428165605j:plain

 JAL側もANA側もチェックインカウンターは、ほぼ誰も居ない状態。

f:id:tabibitoshuu:20210428165524j:plain

 照明も落とされており、待合室も殆ど人は居ませんでした。

 この時、JAL羽田~那覇便の大型機体(B777ー200・A350-900)の普通席には、5人位しか座っていませんでしたからね。

 (Jシート・ファーストクラスの座席は、5~6割ほど埋まっていましたが...)

 

 こんな光景は、もう見ることはできないでしょう。

 自粛はもう限界

 今年のGWは、それなりの人出となります。

 出かける方は、感染症対策をキチンとして、旅先で迷惑を掛けないようにし、旅を楽しみましょう。

 自分は、自宅で自粛の日々を過ごします...

 

紀州のドンファンの妻、ついに逮捕

 

 3年前に、不審死を遂げていた和歌山県の資産家死亡の件で、ついに元妻が今朝逮捕されました。

 

 誰が考えても、「もし殺人事件だったのならば、犯人は結婚したばかりの若妻だろう」と思われていた不審死でしたが、自宅内での出来事でしたし、証拠も少なく、捜査は難航を極めていたのでしょう。

 

 あれから3年。

 おそらく、この元妻を長い時間泳がせることで、その行動等からボロが出てきたことや、スマホ等に殺人証拠となるような何か(知人との殺人絡みのSNS等)が見つかったりしたことで、立件できるだけの証拠を集めることに成功し、起訴できる見込みが立ったからこそ、和歌山の検察官のゴーサインが出て、逮捕に至ったのでしょう。

 世間の注目を浴びるだろう殺人事件では、警察だけの判断ではなく、起訴権限を有する検察の了承も無ければ、着手出来ないですからね。

 

 容疑者である元妻ですが、元グラビアアイドルだそうです。

f:id:tabibitoshuu:20210428163716p:plain

 結婚して僅か3カ月での不審死。

 当時から、連日報道され、和歌山の自宅にはロクに家に帰らず、都内のマンションで暮らしているような不自然な結婚生活であったようですし、資産家に遺書があったことで遺産を巡って裁判を繰り広げていることからも、和歌山のドンファンの資産を狙った結婚だったのでしょう。

 暫くはワイドショーで注目される事件となりますね。

 

 

2021年4月第4週の投資成績

 

 今週は前半は急落が続き、後半は一転して反騰したりと、目まぐるしく流れが変わりました。

 新型コロナが一部のワクチン接種先行国を除いて再拡大していることで、弱含んだ一週間でした。

f:id:tabibitoshuu:20200814145540p:plain

 先週の持越し分については

 4月16日(金)

  買い持越し:アルプス電気

  空売持越し:無し

でした。

 4月19日(月)

  利確:アルプス電気

  損切:無し

  買い持越し:フタバ産業・JVCケン

  空売持越し:ゲンキードラ

 4月20日(火)

  利確:ゲンキードラ

  損切:フタバ産業・JVCケン

  買い持越し:フタバ産業・JVCケン・リケン・住友理工

  空売持越し:ゲンキードラ

 4月21日(水)

  利確:ゲンキードラ

  損切:フタバ産業・JVCケン・リケン・住友理工ジャフコ

  デイ空売りジャフコ

  買い持越し:フタバ産業・JVCケン・リケン・アルプス電気

  空売持越し:無し

 4月22日(木)

  利確:JVCケン・リケン・フタバ産業

  損切:アルプス電気

  買い持越し:フタバ産業アルプス電気

  空売持越し:ディスコ・東京製鐵

 4月23日(金)

  利確:ディスコ・フタバ産業アルプス電気

  損切:モバファク・東京製鐵

  デイ空売り:モバファク

  買い持越し:フタバ産業

  空売持越し:キャノンMJ

※長期保有:SI(優待用)・日本スキー開発(優待用)・東急不(優待用)・東和フード(4月優待)

 

 今週は、火曜日の日経平均600円級の急落を見て、たくさん買ったものの、水曜日の続急落で大きくやられ、負けとなりました。

 また、木曜日の約700円のリバウンドで、水曜日の大引けに再度仕込み直した銘柄が殆ど上がらなかった(アルプス電気はあろうことか、マイナス)ことも誤算でした。

 全体が反発しそうなときは、個別銘柄では無く、日経レバレッジを買った方が確実だと思うのですが、ついレバレッジを買うのは腰が引けてしまうんですよね。

 週間成績は、ゲンキードラッグ・ディスコの空売りで、まあまあ勝ったものの、急落での負けや余計な空売りでの負けをカバーできず、マイナス(ー15万)で終わりました。

 

 いよいよ今週末から決算発表シーズンに突入しました。

 注目の日本電産は、半導体不足から今期見通しが弱く、決算発表後大幅安となり、2月決算銘柄で弱い値動きとなった安川電機の「安川ショック」が尾を引いているような感じです。

 今月に入り、好決算銘柄でも急落するものが多いことから、先週から株価が高い銘柄の空売り参戦をしており、値動きに癖のある日本電産よりも、比較的素直なディスコの空売りを選択しましたが、決算内容は日本電産の方がかなり期待外れだったので、片方だけでは無く、両方行くべきだったと反省しています。

 来週も、東京エレクトロンアドバンテスト信越化学等の超高株価の主力株の決算発表が相次ぎますが、既に株価は買われ過ぎ水準なので、傾向を見ながら空売り参戦する銘柄を選別して、マイナスに沈んだままの月間成績の巻き返しを図ろうと思います。