「旅人:シュウ」の旅&〇△blog

今迄、主に国内旅中心だったセミリタイア中の旅人。家族が大病を患ったことを契機に、次は世界旅に挑戦。(新型肺炎の為、延期します)〇△の部分は「旅以外の情報(投資が中心です)も」ということになります。

チリのLATAM航空、破綻。(連邦破産法11条適用申請)

 

 中南米最大の航空会社で、ワンワールドの一員であるLATAMが、破産しました。

f:id:tabibitoshuu:20200527083317p:plain

 新型肺炎での世界の大手航空会社の破産は、

    ヴァージンオーストラリア

    アビアンカ

    タイ国際航空

に続いて4社目です。

 LATAMは、チリのLAN航空とブラジルのTAM航空が合併してできた航空会社で、中南米では断トツ1位の航空会社です。

 ただし、リーマンショック後の中南米経済の低迷から、資金状況はあまり良くなかったので、出資者を求めていました。

 その結果LATAMは、昨秋にスカイチームの盟主「デルタ航空」からの出資と注文済みの新型機の一部譲渡が決定し、今年の9月末でワンワールドから脱退することになっていました。

 

 ところが今回の破綻で、新規に資金を供給するのは、既にLATAMの株式の1割を保有するカタール航空とのこと。

 また、チリ政府も出資するようです。

 デルタは、自身も新型肺炎で資金繰りに窮しており、アメリカ政府からの巨額の資金提供を受けたばかりだったことから、救済に動けなかったようです。

 

 今回の破綻で、カタール航空の動き次第では、LATAMのワンワールドからの脱退の中止もあり得るかもしれませんね。

 そうなれば、ワンワールド世界一周航空券での最大の魅力の一つである「イースター島訪問」が、今後もできる可能性も出てきます。

 ただ、カタール航空自身、ワンワールドの有力メンバーであるアメリカン航空カンタス航空との関係が悪く、両社を批判しており、常にワンワールド離脱を仄めかしていることから、あまり期待できないのも事実です。

 

 今は新型肺炎で、世界一周航空券での世界旅行を実施できる環境にはありませんが、2~3年後に新型肺炎が収束し、再び世界一周旅行が出来るようになった時、もしLATAMがワンワールドに残留していたら、イースター島に行ってみたいですね^^

f:id:tabibitoshuu:20200527084702p:plain

 

九州旅(大分・臼杵磨崖仏)【usuki stone buttha・oita prf】

 

 ここのところ、次の旅に備えて、九州旅を振り返っています。

 今回は、大分県臼杵市にある「臼杵磨崖仏(臼杵石仏)」です。

 この臼杵磨崖仏ですが、一部の石仏は国宝に指定されています。

 こちらの石仏、作られた時代は、平安時代のものが多く、一部は鎌倉時代作とのことですが、いずれにしろ900年以上の時を経て、現存しています。

 その一つが、この写真。

f:id:tabibitoshuu:20200522122550j:plain

 このクオリティー凄いと思いませんか?

 今では、屋根が整備されて、傷みが進むのを抑えることができるようになりましたが、少し前までは、雨ざらしだったそうです。

 臼杵石仏へは、高速の臼杵インターを降りると、数分で到着出来ます。

 石仏への入り口には、

f:id:tabibitoshuu:20200522122119j:plain

 観光センターやお土産物店もあります。

 センターの窓口で、観覧(拝観)券を買って、

f:id:tabibitoshuu:20200522122204j:plain

 こちらの入り口で、観覧券を見せて、いよいよスタートです。

 標識に従って進んでいくと、徐々に坂や階段が現れますので、少し息を切らせながら昇ると、建物が見えてきました^^

f:id:tabibitoshuu:20200522121849j:plain

 建物と言っても、あくまで石仏の劣化を防ぐためのものです。

 建屋内には、

f:id:tabibitoshuu:20200522121903j:plain

 このように、多くの石仏があります。

 この上の写真の仏様は、作られた当時、色彩りもされていたのでしょう。  

f:id:tabibitoshuu:20200522121933j:plain

 

f:id:tabibitoshuu:20200522122027j:plain

 本当にたくさんの仏様・観音様が彫られています。

 ですから、その場その場で賽銭箱に小銭を入れて、願い事を...

 この時は、旅妻の手術が無事成功し、回復した後でしたので、「ありがとうございます」と心の中で呟き続けました。

f:id:tabibitoshuu:20200522122504j:plain

 

 こちらの石仏は、

f:id:tabibitoshuu:20200522121944j:plain

 大きいです^^ 

f:id:tabibitoshuu:20200522122017j:plain

 なんだか優しい顔をしているような気がします😊

 順路通りに進むと、この下の写真の石仏群が、

f:id:tabibitoshuu:20200522122054j:plain

 整備されて、観覧できるものとしては最後となります。 

f:id:tabibitoshuu:20200522122058j:plain

  こちらには、平成3年当時の写真も飾られており、それを見ると 

f:id:tabibitoshuu:20200522122429j:plain

  この通り、柵しか設置されてなく、雨ざらしの状態で痛んでおり、仏様の頭が落ちてしまっていたとのことでした。

 

 観覧順路の途中の、一番標高の高い場所には、この石仏群がある小さな山の頂上方面に向けての小道と、その案内標識がありました。

f:id:tabibitoshuu:20200522122326j:plain

  せっかくなので、キツイ階段を昇ってみることにしました。

 すると、 

f:id:tabibitoshuu:20200522122328j:plain

 このような石塔がありました。

 これは、五輪塔だそうです。 

f:id:tabibitoshuu:20200522122332j:plain

 

 観覧を終えて、下から石仏の方向を眺めてみると、 

f:id:tabibitoshuu:20200522122637j:plain

  こんな感じです。

 

  また、石仏のある高台から、周囲を見渡すと、

f:id:tabibitoshuu:20200522122611j:plain

 このとおり、憩いの場となっており、5月に訪問したので、芝桜が植えてありました。

 

 ここは仏様がたくさんおられますから、近くに満月寺というお寺さんもあります。

 

 思っていた以上に、見ごたえのあった臼杵磨崖仏(通称臼杵石仏)

 静かな場所で、非常に厳かな気分になることが出来ました。

 大分を再訪したら、必ずまた行きたい場所の一つです。 

f:id:tabibitoshuu:20200522132455p:plain

 



 




 

九州旅(大分・日田)【hita city・oita prf】

 

 新型肺炎の感染者数が落ち着いてきたので、徐々に国内旅行再開への機運が高まってきていますよね?

    旅人も7月の旅行再開を目指して、着々と予約を入れています💦

 今回の旅の記録は、九州・大分県日田市豆田町です。

    日田は、江戸時代の初期に幕府の直轄地となり、代官が置かれ、後に九州北部の幕府直轄地を束ねる西国郡代の支配所となったことで栄えた町です。

    また、豆田町は江戸時代初期に城下町となって整備され、その後ずっと日田の中心でした。

 そして、この地域は、国の重要伝統的建造物群保存地域に指定されています。

 その昔ながらの雰囲気は、次の写真を見て頂ければ、わかると思います。

f:id:tabibitoshuu:20200523151303j:plain

    このような、レトロな雰囲気が、豆田町全体で感じられます。

 もちろん、日田市の中心部でもあるこの地区では、人々が普通に暮らしているのですが、街並みや建物をなるべく昔の雰囲気を残すように努力した結果、今では九州で人気のレトロ地区となっているということが良くわかりますよね? 

f:id:tabibitoshuu:20200523151155j:plain

 街並みの中には、現代風の看板もありますし、車も通っていますので、この地区の全てが、昔の雰囲気を残しているというわけではありませんが、大半が写真のような雰囲気となっています。

f:id:tabibitoshuu:20200523151236j:plain

 

f:id:tabibitoshuu:20200523151123j:plain

 

f:id:tabibitoshuu:20200523151113j:plain

 現代と古が混在している日田市豆田町

 中には、江戸〜明治時代のままの邸宅もあります。

f:id:tabibitoshuu:20200523151117j:plain

 古いままの場所に、自転車が置いてあったので、一枚パシャリ。

 ここをくぐると、古にタイムスリップしてしまいそうな感じがしました。

 

 この地区には、地元の酒蔵「薫長酒造」があります。

f:id:tabibitoshuu:20200523151033j:plain

 ですから、ここの酒蔵を見学するのも豆田町散策の定番となっています。

f:id:tabibitoshuu:20200523151315j:plain

 

f:id:tabibitoshuu:20200523151157j:plain

 薫長酒造の横には花月川が流れています。

 その川に架かる橋には、ちょっと面白い看板が😊 

f:id:tabibitoshuu:20200523151240j:plain

    なんだかホンワカする看板です😇

f:id:tabibitoshuu:20200523151159j:plain

 人口約6万人の日田市。

 猛暑でも知られ、熊谷市館林市、多治見市等と並んで、夏の日の最高気温を出すことでも全国的に有名な町ですが、このような古い町並みが残っていることは、訪れるまで知りませんでした。

 このような雰囲気を残している町は、全国各地にありますので、豆田町だけが特別だとは言いませんが、九州を訪れた際には、ちょっとタイムスリップを味わってみてはどうでしょうか?

f:id:tabibitoshuu:20200523151908p:plain

f:id:tabibitoshuu:20200523151906p:plain

    この撮影時は、真夏でしたので、暑かったです(笑)

    でも、それも良い思い出です☀️

 



 




 

2020年5月第4週の相場と成績

  

f:id:tabibitoshuu:20200515145930p:plain

 今週の相場ですが、欧米諸国においては、感染は収まっていないものの、感染防止のための規制よりも、経済優先の方針に転換した国が増えたことで、経済活動再開が好感されて、堅調な相場が続きました。

 日本市場も、感染者の減少による緊急事態宣言の解除が進んだことで、堅調な一週間でした。(金曜日の後場に、原油相場が崩れたので、株価も弱くなりましたが...)

 

 JPX(日本取引所グループ)ですが、火曜日に、日経225銘柄のソニーフィナンシャルHDがソニーの完全子会社となることが決定し、TOBが掛かったことにより、225銘柄に新規採用される可能性が高いと大手証券会社が発表したことで、今週急騰しました。

f:id:tabibitoshuu:20200515145936p:plain

 今週は、アメリカの医薬ベンチャー企業(モデルナ社)による、新型肺炎ワクチン開発の進展情報が非常に好感されて、NYダウが1000ドル近く急騰した日(月曜日)があったことが大きく、堅調な一週間でしたが、このモデルナ社は、ワクチン開発情報を発表に合わせて、十数億ドル分の新株売出しをも発表しているので、資金集めの為の巨額の株売出しを、高値でかつスムーズに進めるために、あのタイミングで、新型肺炎ワクチン開発順調情報を出したのでしょうね。 

 

 今週の個人的な成績ですが、先週持越し分については

 5月15日(金)

  買い持越し:T&D
  空売持越し:住友化学・日本M&A

 でした。

 5月18日(月)

  利確:スバル

  損切:住友化学・日本M&A・T&D

  デイ空売:スバル

  買い持越し:Jフロント・MS&AD

  空売持越し:中部電力

 5月19日(火)

  利確:Jフロント・MS&AD

  損切:中部電力

  デイ買い:無し

  買い持越し:MS&AD・IHI・デジハーツ

  空売持越し:無し

 5月20日(水)

  利確:MS&AD・IHI・JXTG

  損切:東京海上・デジハーツ

  デイ買い:東京海上

  デイ空売:無し

  買い持越し:太平洋セメ・JXTG

  空売持越し:無し

 5月21日(木)

  利確:太平洋セメ・JXTG

  損切:無し

  デイ買い:無し

  買い持越し:日東紡

  空売持越し:コスモエネHD

 5月22日(金)

  利確:日東紡

  損切:コスモエネ・バローHD・トヨタ

  デイ買い:トヨタ・バローHD

  買い持越し:明治HD

  空売持越し:コロワイド・カシオ   

 ※株主優待用長期保有:日本スキー場開発・東急不動産HD

  REIT:INV

  

 今週も、個人的にはチグハグな取引の週でした。

 月・負け、火水木・勝ち、金・負けと、本当にチグハグ。

 勝負に出た住友化学空売りは、一時的な小幅上昇に粘れず不発に終わるし、次に狙ったIHIの買いも、利確した後に急騰するし、いつも注目している損保3社の決算では、MS&ADと東京海上は事前準備して狙い、少し利益が出ましたが、毎年自社株買いを発表するSOMPOを今回だけは軽視したところ、まさかの好決算&大きめの自社株買いで急騰してしまいましたし...

 JXTGは買いで利益が出たのに、コスモエネは空売りしたら踏み上げを食らうし...

 

 しかし、太平洋セメントの買いが大当たりしたので、週間成績はプラスで、月間成績もプラスマイナスゼロにまで戻りました。

 

 話は変わりますが、SBG(9984)が、SB(9434)株の売り出しを木曜日に発表したこともあって、SB株が終始軟調でした。

 SBのチャートを見ると、連休明けから株価が軟調なので、今回の売出しを引き受けた(24000万株・約3102億円・1株当たり1292.5円)証券会社が、事前にヘッジの空売りを入れていたと見るべきでしょう。

 高配当ディフェンシブ株のSB株ですが、この売出しで株価がだいぶ下がりましたので、来週ぐらいに様子を見ながら買って、9月の中間配当権利取り直前まで保有していれば、ある程度利益が取れそうですね。

 

 

 

 

 

九州旅(宮崎・鵜戸神宮)【udo jingu shrine・miyazaki prf】

 

 旅を出来ない現在、九州旅を振り返っていますが、今回は、宮崎の「鵜戸神宮」です。

 鵜戸神宮は、日南市にあります。

 日南市は、モアイ像があることで知られている「サンメッセ日南」があることでも有名ですよね?

 鵜戸神宮へは、宮崎市内から、国道220号を南下し、青島を過ぎて、サンメッセ日南をも過ぎ、さらに南に進むと、「鵜戸神宮」への看板が出てきます。

 そこで、海岸線の方へ降りていくと、急に道が狭くなり、ちょっと心配に...

 でも案内に従って進むと、駐車場が見えてきました。

 車が沢山止まっています。 

 

 駐車場に車を止め、人々の波に従って進むと、「神門」が見えてきました^^

f:id:tabibitoshuu:20200521125350j:plain

 この日はあいにくの雨でしたが、これが「神門」という鵜戸神宮の最初の門です。

 さらに進むと、

f:id:tabibitoshuu:20200521125414j:plain

 見えてくるのが、「楼門」。

 かなり豪華な造りですね^^

 途中には、

f:id:tabibitoshuu:20200521130018j:plain

 この写真のように、狛犬も居ます。

 この狛犬は、かなり古いもののようで、「古狛犬」と看板に書いてありますね。

  

 更に先を進むと、「玉橋」という橋を渡ります。

 この橋を渡って、階段を降りると、御本殿にたどり着くことができます。

f:id:tabibitoshuu:20200521125614j:plain


f:id:tabibitoshuu:20200521125943j:plain

 しかし、いやあ、凄い断崖絶壁の場所ですね。

 よくぞ、このような場所に神宮が作られたものだと、感心してしまいます。

 そして目指す「御本殿」は、写真に写っている左側の洞窟の中にあります。  

f:id:tabibitoshuu:20200521125443j:plain

  階段を下りて、御本殿のある洞窟と同じ目線の場所に。

 みんな、断崖絶壁の海を眺めています^^

 

 そしてこちらが、御本殿。

f:id:tabibitoshuu:20200521125755j:plain

 岩が直ぐ上にまで迫っています。
 

 中から、洞窟の外に向けて撮影してみると、f:id:tabibitoshuu:20200521125917j:plain

 こんな感じです。

 「洞窟の中なんだなあ」と実感しますね。

 因みに、写真の右側の建物が御本殿です。

 

 御本殿の奥には、「お乳岩」という有名なものもありますが、人も多く、暗くて上手く撮影できませんでした💦

 そこで、その代わりに、すぐ横にある「撫でうさぎ」をパシャリ😊

f:id:tabibitoshuu:20200521125643j:plain

 もちろん、お賽銭を入れて、うさぎを撫でてみました^^

 

 一通りお詣りを終えて、来た道を戻る途中でも撮ってみましたが、 

f:id:tabibitoshuu:20200521130125j:plain

 悪天候にもかかわらず、人が多いですね。

 戻る途中で、鵜戸稲荷神社を見つけましたので、入ってみると、

f:id:tabibitoshuu:20200521125511j:plain

 千本鳥居のような場所がありました。

 この階段を昇ってみたのは、言うまでもありません。

 でも、意外と直ぐに終わってしまう短い階段でした💦

 

 戦後の昭和時代に、「お乳岩」のご利益も重なって、新婚旅行先として非常に人気のあった場所だそうです。

 交通不便な場所ですが、今でも、今回紹介した写真のように、かなりの賑わいを見せる「鵜戸神宮」。

 昨今のブームの影響もあって、人工的で煌びやかな神社が多いですが、鵜戸神宮は、自然と人工物の調和がある程度取れている、非常に良い神社だと思います。

 機会がありましたら、今度は晴天の時に訪れたいです😊

f:id:tabibitoshuu:20200521130915p:plain

f:id:tabibitoshuu:20200521130912p:plain



 




 

九州旅(鹿児島・霧島)【kirishima・kagoshima prf】

 

 

 この時の九州の旅は、薩摩半島から移動して、霧島温泉郷に。

 霧島山の中腹に広がる、霧島温泉郷

 ここからは、遠くに桜島大隅半島を見ることもできます。

 そこで、この写真。

f:id:tabibitoshuu:20200520115314j:plain

 霧島温泉郷からみた、錦江湾桜島の夕景です。

 非常に美しいですね。

 同じ場所から、日の出前を撮影してみると、

f:id:tabibitoshuu:20200520114713j:plain

 朝靄に煙る錦江湾と山頂がひょっこり出ている桜島大隅半島の山々を見ることが出来ました。

 なんだか幻想的ですね。

 霧島山は、この地域の火山の総称で、霧島火山群というべきでしょうね。

 活火山で、最近噴火を繰り返している新燃岳を始め、いくつもの火山が活動しています。

 火山は、古から信仰の象徴です。

 ですから、霧島にも有名な神社があります。

 それが、霧島神宮

f:id:tabibitoshuu:20200520114758j:plain

 案内図を見ると、少し横長な境内のようです。

 大鳥居は、国道から神宮に入る道路にあります。

 次の写真は、

f:id:tabibitoshuu:20200520132930j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200520114937j:plain

 三の鳥居です。

 人里から、やや離れた山の中の神社ですが、結構人が居ます。

 奥に進むと、

f:id:tabibitoshuu:20200520115038j:plain

 立派な本殿が^^

 ここでお賽銭を入れて願い事を一つ...

 この時は、旅妻の大病が判明して直ぐのお参りだったので、願い事は「病気平癒」でした。

 

 お参りを終えてからは、神社の近くにある「高千穂牧場」に立ち寄りました。

 ここからの眺めが、素晴らしく、この写真の通り、

f:id:tabibitoshuu:20200520115130j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200520151248j:plain

 霧島連山が、全て見渡せます。

f:id:tabibitoshuu:20200520115134j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200520151256j:plain

 牧場ですので、羊が草を食んでいるところに出くわしました😊
 

 霧島温泉郷の近くには、小さな滝がありました。

 それが、この「丸尾滝」で温泉が混じった滝です。

f:id:tabibitoshuu:20200520115247j:plain

 また、霧島連山のはずれには、元火口の

f:id:tabibitoshuu:20200520115508j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200520115509j:plain

 「御池」があります。
 これは、地学的にはマールといわれるものです。

 

 霧島から少し離れた場所ですが、鉄道ファンに人気の駅があります。

 それがこの、「嘉例川駅」です。

f:id:tabibitoshuu:20200520114432j:plain


f:id:tabibitoshuu:20200520114452j:plain

 ここは無人駅ですが、特急「はやとの風」の運行開始を契機に、予約制の駅弁販売を始めたところ、人気に火が点いた駅です。

 現在は、町が駅舎を買い取り、登録有形文化財となっています。

 山の中にある無人駅ですが、人気が出たことで、路線バスが駅のロータリーに停まるようになりました。

 写真にも真新しいバス停が写っていますよね^^

f:id:tabibitoshuu:20200520114506j:plain

 駅の改札付近は、このように、今では珍しい木製の改札です。

 駅名の看板も、古さを感じさせます。

 観光客以外には、列車も来る様子が無く、近くで遊んでいる子供達以外誰も居なかったことから、ここに暫く居ると、なんだか遥か昔の時代に戻ったような、何となくノスタルジックな気分に浸ることが出来ました。

f:id:tabibitoshuu:20200520140851p:plain



 

 

九州旅(鹿児島・指宿枕崎)【ibusuki&makurazaki・kagoshima prf】

 

 

 九州・鹿児島県は、活火山が多い県ですが、ということは温泉県だということにもなります。

 そこで、有名な「砂むし温泉」の指宿温泉と漁港の街「枕崎」を旅した時の紹介を。

 まずは、この写真。

f:id:tabibitoshuu:20191124161512j:plain

開聞岳と夕日

 薩摩半島の名峰開聞岳と沈む夕日です。

 見事な夕日と円錐形の火山「開聞岳」の山姿。

 非常に美しいですね。

 同じ場所から、日の出を撮影すると

f:id:tabibitoshuu:20200519092903j:plain

f:id:tabibitoshuu:20191124161739j:plain

錦江湾越しの大隅半島から昇る朝日

 またこれが見事な日の出。

 大隅半島の山々の間から出て来た太陽。

    その光が、静かな錦江湾に反射し、神々しい風景が見られました。

 

 開聞岳は、薩摩富士と言われる標高924メートルの活火山。

 標高は低いものの、海面から見事な円錐形の山容を誇る山で、非常に美しい姿をしています。

f:id:tabibitoshuu:20200519094050j:plain

 鉄道写真だと、この写真と同じ構図のものをよく散見します。

 これは指宿枕崎線西大山駅が、本州最南端の駅(沖縄のモノレール(ゆいレール)を鉄道とカウントすると、現在、日本最南端ではありませんが)であることから、駅の写真と一緒に開聞岳を撮ることが多いからです。

f:id:tabibitoshuu:20200519093300j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200519093423j:plain

 無人駅である西大山駅前は、ちょっとした観光スポットになっており、利用者がごく僅かの無人駅なのに、駅前に大きなお土産物屋さんがあります。

 これにはちょっと驚きました(^▽^)/

f:id:tabibitoshuu:20191209095123j:plain

西大山駅前にある「幸せの黄色いポスト」

f:id:tabibitoshuu:20200519094159j:plain

 最近では外国人観光客も、この小さな駅にきて、写真を撮っていることも多いようです。

 

 西大山駅近くには、「長崎鼻」という岬があります。

f:id:tabibitoshuu:20200519092941j:plain

 ここから見る開聞岳がまた見事です。

f:id:tabibitoshuu:20200519093054j:plain

f:id:tabibitoshuu:20191124162535j:plain

長崎鼻から撮影した開聞岳

 このように、開聞岳が海に飛び出しており、海底からそそり立つ大きな火山であることがよくわかります。

 長崎鼻は岬なので、先端には灯台もあります。

f:id:tabibitoshuu:20200519093145j:plain

長崎鼻灯台

 指宿より先は、観光客の数が多くないので、西大山駅長崎鼻も、ゆっくりと満喫できました。

 

 枕崎は、漁業の街。

 日本の鉄路の終着駅でもあります。 

f:id:tabibitoshuu:20200519095320j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200519093216j:plain

 枕崎駅は、初めて訪れましたが、駅舎は非常に綺麗でした。

 時刻表を見ると、

f:id:tabibitoshuu:20200519093220j:plain

 1日6本です。

 6本と言っても、朝夕を除くと2本だけ。

 途中約6時間も運行がありません💦

 

 枕崎では、薩摩酒造が経営する「明治蔵」という酒蔵を訪問しました。

f:id:tabibitoshuu:20200519101027j:plain


f:id:tabibitoshuu:20200519095236j:plain

 明治蔵は大きな施設で、いかにも観光酒蔵という感じでしたが、枕崎にはここを除くと、それほど大きな観光スポットというのは無いので、枕崎観光をする場合、魚料理を食べるのと、ここを訪問するのが定番だと思います。

 薩摩と言えば焼酎ですから、ここに来れば沢山の焼酎が売られていますので、その中からお気に入りのものを見つけることが出るでしょう。

 旅人達もお土産を買って、この時の宿泊先である霧島温泉に向かいました。

f:id:tabibitoshuu:20200519101714p:plain

 薩摩半島の南端にある指宿と枕崎。

 ここまで来ると「本当に遠くに来たなあ」という実感が沸くと思います。

 是非訪れてみてください^^