「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア後の投資生活)

旅の資金は、投資利益で捻出しています。セミリタイア家計簿も。

投資週報

2022年9月第5週の週間投資成績

FOMC通過後、世界の株価は景気悪化懸念が強くなり、今週も弱い相場の日が続きました。 先週末にイギリスで、新政権が打ち出した大型減税が、トリプル安を引き起こし、相場環境はますます悪化。 日本株の唯一の支えだった円安も、先週の為替介入で止まっ…

2022年9月第4週の成績

今週は、木曜大引け後の財務省による為替介入で、円安傾向が一旦崩れました。 売買代金の7割を占める外国人投資家は、ドル建てで日本株を見ており、ドル計算だと日本株は大きく下落していることから、押し目買いが入りやすく、これが円建て日本株があまり下…

2022年9月第3週の週間投資成績(米CPIで急落)

ここのところ堅調だったアメリカ株が、まさかのCPIの数字で急落。 今回のCPIで市場予想を超える数字が出るとは、殆どの人が思っていなかった出来事だったので、アメリカ株は一気に下げてしまいました。 来週は、FOMCで0.75%の利上げが発表さ…

2022年9月第2週の週間投資成績

先週から下げ続けていたアメリカ株も、日本のメジャーSQ前日に切り返しました。 日本株の木曜日の想定以上の大幅高は、メジャーSQ前日だったことで、極端な値動きが発生したものでしょう。 来週は、アメリカCPIの発表がありますが、既に原油価格が大…

2022年8月第5週(9月第1週)の週間投資成績

ジャクソンホールでのFRBパウエル議長の演説をキッカケに、株価は再び下げトレンドに突入しました。 過去、アメリカ株の9月は最もパフォーマンスの悪い月だそうなので、そういったことも下げている要因の一つになるのかもしれません。 来週、日本では日…

2022年8月第4週の週間投資成績

8月第4週の日本株は比較的堅調でしたが、金曜夜のジャクソンホールを通過後、アメリカ株が大きく下げたことで、相場全体のトレンドが再び変わることになりました。 先週の持越し分については 8月19日(金) 買い持越し:無し 空売持越し:無し でした。…

2022年8月第3週の週間投資成績

今週は、決算シーズンを通過し、アメリカの経済指標も悪くなかったので堅調な相場でした。 円安が再び進行していますが、これを言い換えるとアメリカの金利が上昇に転じているということであり、グロース株のリバウンドはそろそろ止まって反落するのかなとい…

2022年8月第2週の週間投資成績

今週は、注目のアメリカCPI・PPIがいずれも市場予想の数字を下回り、FRBの利上げ加速懸念が大きく後退して堅調な相場となりました。 金曜日はミニSQでもあったので、アメリカCPI等の結果も受けて、SQ通過後の日本株は大幅高となりました。 …

2022年8月第1週の投資成績

今週は、決算シーズンなので、個別銘柄の値動きが活発でした。 全体としては、堅調だったのかなと思います。 先週の持越し分については 7月29日(金) 買い持越し:ローム・日電硝・牧野フラ・西部ガス・住友ファーマ・オオクマ 空売持越し:スタンレー・…

2022年7月第5週の投資成績

今週は、FOMC通過後にアメリカ株は強い動きとなったものの、円安が崩れて急速に円高方向に動き始めたことで日本株は弱くなりました。 景気後退を好感してのアメリカ株上昇は、本末転倒であり、長続きしないでしょうが、アメリカの景気後退は円安基調の終幕…

2022年7月第4週の投資成績

今週は、インフレ率のピークアウトが近いのではとの期待感から、非常に強い相場となりました。 ECBの利上げ幅が大きかったにもかかわらず、ネガティブ視されませんでした。 来週はFOMCがありますが、0.75%の利上げでほぼ決まりなので、今週の値…

2022年7月第3週の投資成績

7月3週目は、選挙結果を受けて急伸したものの、アメリカCPIの発表に向けて失速し、CPI通過後は数字が悪く一旦下げたものの、最後は上昇して終わったという一週間でした。 4週目は、決算発表シーズンを控えて、小動きにとどまるのかなと思います。 …

2022年7月第2週の投資成績

今週は、金曜日にETF分配金捻出の巨額売り需要の発生があったものの、アメリカの経済指標がイマイチで、利上げ打ち止め期待から、予想外に堅調な相場の一週間でした。 来週は、13日にアメリカのCPIの発表が有るので、その内容次第という感じかなと…

2022年6月第5週(7月第1週)の投資成績

今週は、一部の海外アナリストが「アメリカ株の月末リバランスによる、大規模な買い需要発生論」なるものを出したことで、前半は堅調な相場でしたが、週後半はやや崩れました。 来週はSQに加え、8日の金曜日にかけて日銀ETFへの巨額分配金を捻出する…

2022年6月第4週の投資成績

今週は、影響の大きな指標の発表やイベントが無かったことに加え、先週の極端な下げ相場の反動もあって、堅調な一週間でした。 来週も、相場に大きな影響を与えるイベントはあまり無いため、膠着状態が続きそうです。 先週の持越し分については 6月17日…

2022年6月第3週の投資成績

今週は、先週金曜日発表のアメリカCPIが非常に高い数字だった影響で、インフレピークアウト論が間違っていた事実が判明し、世界的に株安となりました。 日本株が異様に強かった要因である円安も、やや円高に振れて剥げてしまい、アメリカ株に連動して下…

2022年6月第2週の投資成績

今週も、アメリカ株は上げたり下げたりの繰り返しで方向感は無かったですが、日本株は円安を背景に堅調でした。 金曜日はMSQでしたが、円建て日経平均先物の売り方に対する踏み上げ(ドル建て日経平均先物だと急速な円安の影響で小動き止まり)が直前迄…

2022年5月第5週(6月第1週)の投資成績

今週も、アメリカ株の方向感のない動きが続きましたが、日本株は円安を背景にそこそこ堅調でした。 引き続き円安を理由に、海外投資家は日本株を物色しているようですが、長期投資家はあまり居ないでしょうから、短期の値幅取りを狙っての日本株買いなので…

2022年5月第4週の投資成績

今週は、アメリカ株が下がりそうで下がらない日々が続き、木金は大幅上昇だったので、日本株は堅調でした。 引き続き円安の影響で、日本株は海外投資家から見るとかなり安く見えるので、短期の値幅取り狙いの買いが流入していることが日本株堅調の要因だと…

2022年5月第3週の投資成績

今週は、アメリカ株は急落したものの、日本株はそれ程の下げになりませんでした。 これは、円安が進んだことで、ドル建てで見ると日本株はかなり下げていることから、海外筋からの短期買いが入ってきていることが要因だと思われます。 先週の持越し分につい…

2022年5月第2週の投資成績

今週は、SQ週でしたが、週半ばにはインフレに関する重要な指標であるアメリカCPIやPPIの発表もあり、軟調な相場が続きました。 ただ、PPIが市場予想レベルに留まったことで、インフレ懸念が和らぎ、SQ通過後の日本株は大幅高となりました。 日…

2022年5月第1週の投資成績

今週は、FOMCの結果でアメリカ株は激しく乱高下しましたが、日本はGW中だったので影響は殆どありませんでした。 結論は、FRBがインフレの高進を見誤ったことで利上げが遅れているのですが、その認識が薄いパウエル議長の発言が、発表当日は好感され…

2022年4月第5週の投資成績

今週は、いよいよ来週4日に迫ったFOMCに向けて、アメリカ株が軟調となったため、弱い相場が続きましたが、最終日の木曜日はメタの好決算でナスダック指数の大幅高が見込まれたことと、デンソーが強気の予想を出して急騰したため、大きく上がって終わっ…

2022年4月第4週の投資成績

今週は、再来週のFOMCに向けて大きく下げる為の序章として、一旦上昇する展開が続きましたが、金曜日に急落となりました。 今回のFOMCは、大きなネガティブイベントですので、来週の値動きに注意が必要だと思います。 先週の持越し分については 4…

2022年4月第3週の投資成績

今週は、ネガティブ視されていたアメリカCPIの発表に向けて、急落していたものの、発表後は数字がどうであれ大きく反発するという、最近よく見られるパターンの値動きとなりました。 このようなアメリカのイベントに合わせて上下する値動きが続いている…

2022年4月第2週の投資成績

今週はSQ週でしたが、3月後半に株価が上がり過ぎた影響もあって、SQ直前になっての急落となりました。 決算シーズンが近づいてきましたが、多くの銘柄の今期予想が発表される決算シーズンでもあり、かなり難解な値動きになることが予想されます。 特に…

2022年3月第5週(4月第1週)の投資成績

今週は、日本企業の多くが選択している3月決算銘柄の権利落ち週となり、権利落ち前は堅調、権利落ち後は軟調に。 特に3月・9月は、日銀が大部分を保有する巨額の日本株ETFに絡み、商品の性質上、配当落ち分を穴埋めして連動性を保つ必要があるので、…

2022年3月第4週の投資成績

今週は、予想以上に相場が堅調でした。 特に日本株が、これほど上がるとは全くの予想外 来週には、日銀が保有する巨額ETF絡みでの配当再投資1兆円買い需要発生があるので、今週金と来週月・火は連騰するかなと思っていましたが、その前の水曜日に、この…

2022年3月第3週の投資成績

火・水にFOMCがありました。 FOMCでアメリカの金利が上昇し、利上げが実施されれば一旦悪材料出尽くしということで、グロース株が上昇するだろうというシナリオ通り、FOMCの内容を問わずに、グロース株が急騰しました。 しかし、今回のFOMC…

2022年3月第2週の投資成績

今週はメジャーSQ週でした。 週前半はウクライナ戦争の被害拡大と制裁強化から、原油価格の上昇が止まらず相場は軟調で、MSQ週らしさは欠片も感じられませんでしたが、UAE高官が発した「原油増産」というリップサービスが効いて、原油価格が大暴落し…