「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア後の投資生活)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

投資週報

2022年5月第3週の投資成績

今週は、アメリカ株は急落したものの、日本株はそれ程の下げになりませんでした。 これは、円安が進んだことで、ドル建てで見ると日本株はかなり下げていることから、海外筋からの短期買いが入ってきていることが要因だと思われます。 先週の持越し分につい…

2022年5月第2週の投資成績

今週は、SQ週でしたが、週半ばにはインフレに関する重要な指標であるアメリカCPIやPPIの発表もあり、軟調な相場が続きました。 ただ、PPIが市場予想レベルに留まったことで、インフレ懸念が和らぎ、SQ通過後の日本株は大幅高となりました。 日…

2022年5月第1週の投資成績

今週は、FOMCの結果でアメリカ株は激しく乱高下しましたが、日本はGW中だったので影響は殆どありませんでした。 結論は、FRBがインフレの高進を見誤ったことで利上げが遅れているのですが、その認識が薄いパウエル議長の発言が、発表当日は好感され…

2022年4月第5週の投資成績

今週は、いよいよ来週4日に迫ったFOMCに向けて、アメリカ株が軟調となったため、弱い相場が続きましたが、最終日の木曜日はメタの好決算でナスダック指数の大幅高が見込まれたことと、デンソーが強気の予想を出して急騰したため、大きく上がって終わっ…

2022年4月第4週の投資成績

今週は、再来週のFOMCに向けて大きく下げる為の序章として、一旦上昇する展開が続きましたが、金曜日に急落となりました。 今回のFOMCは、大きなネガティブイベントですので、来週の値動きに注意が必要だと思います。 先週の持越し分については 4…

2022年4月第3週の投資成績

今週は、ネガティブ視されていたアメリカCPIの発表に向けて、急落していたものの、発表後は数字がどうであれ大きく反発するという、最近よく見られるパターンの値動きとなりました。 このようなアメリカのイベントに合わせて上下する値動きが続いている…

2022年4月第2週の投資成績

今週はSQ週でしたが、3月後半に株価が上がり過ぎた影響もあって、SQ直前になっての急落となりました。 決算シーズンが近づいてきましたが、多くの銘柄の今期予想が発表される決算シーズンでもあり、かなり難解な値動きになることが予想されます。 特に…

2022年3月第5週(4月第1週)の投資成績

今週は、日本企業の多くが選択している3月決算銘柄の権利落ち週となり、権利落ち前は堅調、権利落ち後は軟調に。 特に3月・9月は、日銀が大部分を保有する巨額の日本株ETFに絡み、商品の性質上、配当落ち分を穴埋めして連動性を保つ必要があるので、…

2022年3月第4週の投資成績

今週は、予想以上に相場が堅調でした。 特に日本株が、これほど上がるとは全くの予想外 来週には、日銀が保有する巨額ETF絡みでの配当再投資1兆円買い需要発生があるので、今週金と来週月・火は連騰するかなと思っていましたが、その前の水曜日に、この…

2022年3月第3週の投資成績

火・水にFOMCがありました。 FOMCでアメリカの金利が上昇し、利上げが実施されれば一旦悪材料出尽くしということで、グロース株が上昇するだろうというシナリオ通り、FOMCの内容を問わずに、グロース株が急騰しました。 しかし、今回のFOMC…

2022年3月第2週の投資成績

今週はメジャーSQ週でした。 週前半はウクライナ戦争の被害拡大と制裁強化から、原油価格の上昇が止まらず相場は軟調で、MSQ週らしさは欠片も感じられませんでしたが、UAE高官が発した「原油増産」というリップサービスが効いて、原油価格が大暴落し…

2022年3月第1週の投資成績

今週も、ウクライナ戦争で軟調な一週間でした。 特に欧米がSWIFTからロシアを締め出すという事前予想以上の経済制裁を加えたことで、制裁の実効性は大きく増しましたが、それと共に経済への長期的な影響もあることから、株価の軟調傾向に注意が必要だと思い…

2022年2月第4週の投資成績

今週は、ついにロシアによるウクライナ侵攻が始まり、軟調な一週間でした。 ただ、ロシアへの制裁がやや腰砕けな内容だったことと、この戦争を考慮しFRBが利上げの加速を小幅に留めるだろうとの思惑も入って、開戦後のアメリカ株は下げ止まり、上昇に転…

2022年2月第3週の投資成績

今週は、先週発表のアメリカCPIが非常に高い数字だったこともありますが、ウクライナ情勢が厳しくなったことで乱高下し、結局安く終わった一週間でした。 来週は、週初に北京冬季オリンピックが終了することで、ウクライナ侵攻の発生する確率が上がります…

2022年2月第2週の投資成績

今週もアメリカ株の反発が継続し、SQ週であったこともあって、日本株も続伸しました。 今晩はアメリカCPIの発表がありますので、来週どうなるかはその評価次第と言ったところでしょう。 先週の持越し分については 2月4日(金) 買い持越し:ユナイテ…

2022年1月第5週(2月第1週)の投資成績

今週はアメリカ株が大幅反発し、その影響で、日本株もだいぶ戻りました。 ただ、フェイスブック(メタ)の決算が非常に悪く、「時価総額史上最大の喪失・ー26%大暴落」した影響で、木曜日のアメリカ株は急落でした。 今回の大幅反発の背景は、次回FOM…

2022年1月第4週の投資成績

今週の日本株は、FOMCへの懸念とウクライナ情勢の悪化に伴い軟調な日々が続きましたが、金曜日だけは反発して大幅高になりました。 特に、FOMC後のパウエル議長の超タカ派的発言で、相場の乱高下が酷くなる結果に... 次回FOMCで、いきなり「…

2022年1月第3週の投資成績

今週の日本株は、前半は強い動きだったものの、日銀会合後に一旦上に飛んだ後、急落。 そのまま続急落基調で終わりました。 来週前半にはFOMCがあり、そこを通過するまでは軟調地合いが続くでしょう。 また、そのFOMCでテーパリングの加速や利上げの…

2022年1月第2週の投資成績

今週の日本株は、SQ週であったこともあり、思っていた以上に乱高下した一週間でした。 軟調相場気味の中、バリュー株買いが長続きしていることに意外感を持ちました。 ここ数年は、バリュー株が「割安だ」と一時的にもてはやされても、最終的には下げて元…

2022年1月第1週の投資成績

今週の日本株は、大発会こそ予想外の猛ダッシュで始まりましたが、FOMC議事録の公表をキッカケに急速に弱含む相場になりました。 あの500円高のスタートダッシュも、その後大きな下げを演出する為だったという感じがします。 大発会の日のトヨタの急…

2021年12月第5週の投資成績

一日早いですが、個人的に今年の取引は、長期保有分を除くと29日の引け後に持越しした銘柄がないため、終了とする予定(日経平均先物は除く)です。 2021年も最終盤。 結局今年一年も、新型コロナに左右される日々でした。 一年前の今頃には、「一年後…

2021年12月第4週の投資成績

今週は、オミクロン株拡大のニュースばかりでしたが、デルタ株以上の重症化の恐れが無いことで、株価に悪影響はありませんでした。 世界の感染者数は、今後一カ月で物凄い数になるでしょうが、それを過ぎれば、早ければ2月前半頃から沈静化方向となるでしょ…

2021年12月第3週の投資成績

今週の最大のイベントは、FOMCでしたが、 内容はあまり良くないのに大幅反発した結果、反動で今度は急落するという変動の大きい一週間でした。 日本は、オミクロン株を恐れるばかりですが、数か月後に世界はオミクロン株の大流行から抜け出して、一気に…

2021年12月第2週の投資成績

今週はオミクロン株の評価が、過大な警戒から一気に過小傾向となったこともあり、大幅反発した一週間でした。 ただ、来週にはテーパリング加速の方針が示されるだろうFOMCがあるので、また大きな変動があるのかなと思います。 デルタ株よりも重症化率が…

2021年11月第5週(12月第1週)の投資成績

今週は、オミクロン株騒動に終始した一週間でした。 FRBの金融緩和縮小加速の可能性も高くなったことで、相場は軟調でした。 今後、オミクロン株の感染が世界中で急拡大するものの、デルタ株以上に重症化率が高い可能性は低く、一定の制限措置は施行され…

2021年11月第4週の投資成績

今週は、水曜日と金曜日が大幅安となり、大きく崩れた一週間でした。 新型コロナ流行の季節に入り、世界での感染拡大状況を見れば、経済への悪影響懸念で、「場合によっては、ある程度株価が下げるのは致し方ないのかな」と思っていましたが、ずいぶん早く…

2021年11月第3週の投資成績

今週は、先週のSQ通過後の上昇の流れが続き、新たな日本の予算規模がかなり大きいことも好感して、堅調な一週間でした。 来月にはアメリカの債務上限問題の期限切れが再びやってくるので、共和党と民主党のチキンレースが再開し、ここのところ上昇一筋だっ…

2021年11月第2週の投資成績

今週は、ミニSQ週でしたが、木曜日の序盤までかなり弱い相場だったものの、その後切り返し、SQ通過で上昇に転じました。 決算発表も大半が終わりましたが、内容はまあまあ良かったのに、株価が上がらないものも多かったので、今後しばらくは少し上昇傾…

2021年11月第1週の投資成績

今週は、月曜日こそ選挙結果を受けて大幅上昇したものの、それ以外の日は冴えない値動き(FOMCの翌日である木曜日も寄り付きは大幅に上がりましたが)の一週間でした。 決算発表も中盤を過ぎましたが、好決算で大きく値下がりする銘柄も目立つ(勿論大幅…

2021年10月第5週の投資成績

今週から決算発表が本格化しましたが、決算発表後に上がる銘柄より下がる銘柄の方が多い感じがします。 これは、半導体不足や資源の高騰が決算の数字を押し下げていることで、サプライズ決算が少ないことが原因でしょう。 先週の持越し分については 10月2…