「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア後の投資生活)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、沢山旅に出ようと立ち上げました(新型肺炎の為、海外旅は延期)。セミリタイア家計簿も。

セミリタイア(FIRE)生活・2022年6月の家計簿

 

 2022年も、半分が過ぎ去ってしまいました。

 今年の夏は猛暑予想ですが、体を壊さないように乗り切りたいですね。

  f:id:tabibitoshuu:20200630153125p:plain

それでは、2022年6月の家計簿です。

コロナに加えて、円安で海外旅行に行きやすいタイミングはだいぶ先になりそうなことから、今月から旅妻が働き始めたので、家計簿は旅人の分だけの支出(食費・光熱費は元々負担しているので、あまり変わりません)を記載したものとなります。

投資利益に掛かる課税分も支出としています。

  収入        約95.0万円    

  支出       約125.0万円 

   内訳

    食費       約4.0万円

    光熱費      約1.3万円(電気・ガス・水道)

    携帯代      約0.4万円

    インターネット  約0.3万円

    日用品代     約0.5万円(毎月20日ウエルシアTポイントで節約)

    保険商品代    約0.5万円

    不動産維持費   約4.0万円(負動産の維持費)

    諸々税金    約30.0万円

    国保      約50.0万円

    その他雑費   約15.0万円(旅行代・医療費等)

    投資利益課税  約19.0万円(20%で計算)

  合計収支     ー約30.0万円  

f:id:tabibitoshuu:20200630153123p:plain

〇収入

 今月の収入も投資収益のみでした。

 6月相場の成績は、偶然当たった新規公開株の利益が大きかったので、運が良かっただけということになります。

 他に収入はありません。

〇支出

 基本的支出は殆ど変化なしです。

 6月は、市民税・固定資産税・国民健康保険料の支出が非常に大きかったです。

 特に国保は、節税がほとんど効かないので、投資で少し勝っただけでも、非常に大きな金額の請求が来ます。

 年間500万円勝てば直ぐ50万超、年間900万円以上勝つと、上限(約100万)に到達するので、FIRE生活の零細投資家には、国民健康保険料が一番きつい支出となります。

 FIREを考えている方で、セミリタイア後も一定の収入がある方は、国保に注意すべきでしょう。

 

 他の支出としては、お得な旅行補助制度(いまなら割・サッポロ割・ちとせ割)を利用した7・8・9月の一人旅の旅行代を支出しました。