「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

2021年8月第5週(9月第1週)の投資成績

 

 今週は、大幅高の一週間となりました。

 特に、金曜日の前場引け後に「首相退陣」という速報が出てから、一層の一段高に。

 今週の大幅高の理由として、首相退陣もありますが、それを除くと、「謎の月末安アノマリーが覆されたからとか日本株が割安だからとか」等と言われていますが、11回連続で続いた月末安アノマリーの正体はGPIFのポジション調整売りが主因ですし、それに乗じて海外短期筋が先物で仕掛けてくるから、同じことが続いていたのです。

 今回それが崩れたのは、日本株安と債券高の影響で、8月末のGPIFポジション調整が「日本株買い」だと見込まれていました。

 だから、月末安アノマリーは崩れる予定だったのです。

 更に、9月はメジャーSQ・日経平均定期入替え・9月の権利落ち日前後に日銀保有ETFの配当落ち分再投資の買い需要(約1兆円)という、大きな買い越しイベントが連続発生する上、日本は選挙もありますし、デルタ株ピークアウトでの行動規制緩和も見込まれますから、そうした複合的な要因を睨んで、海外短期筋が買い仕掛けをしてきたことが、急な上昇転換した原因なのでしょう。

 よって、今回の上昇は、9月末まで続くだろうという予想になります。

 (首相退陣の影響により、今週上げ過ぎたので、調整はあるでしょう)  

f:id:tabibitoshuu:20200814145540p:plain

 先週の持越し分については

 8月27日(金)

  買い持越し:ラサ商事ENEOS・武田・イズミ・九電

  空売持越し:無し

でした。

 8月30日(月)

  利確:ラサ商事ENEOS・イズミ・九電

  損切:無し

  買い持越し:無し

  空売持越し:無し

 8月31日(火)

  利確:九電

  損切:無し

  デイ買い:九電

  買い持越し:九電・菱洋エレ

  空売持越し:コロワイド内田洋行

 9月1日(水)

  利確:内田洋行

  損切:コロワイド

  デイ空売りコロワイド

  買い持越し:九電

  空売持越し:無し

 9月2日(木)

  利確:九電

  損切:内田洋行

  デイ空売り 内田洋行

  買い持越し:JR東日本東武

  空売持越し:無し

 9月3日(金) 

  利確:JR東日本東武・SB

  損切:無し

  デイ買い:SB

  買い持越し:ポールHD・カナモト・日本駐・JR東

  空売持越し:昭和電工

※長期保有:SI(優待用)・日本スキー開発(優待用)・東急不(優待用)・ゼンショー(優待用)・ひらまつ(優待用)・アトム(優待用)

 

 8月の優待は、ビックカメラ・BS11・USMH・いちごとなりました。

 4銘柄トータルでプラスマイナスゼロ位ですので、配当と優待はタダ取りと言う結果になりました。

 8月末配当取りは、イズミがタダ取り成功(8月末配当銘柄は、権利日にかけて急落したものが多く、権利取り最終日の安値付近で買った場合は、大半がタダ取りと言う結果で、これは非常に珍しいことです)となりました。

 その配当分も今週の利益に計上しています。

 9月分の優待は、上述した通り、今月に関して株価が上昇する可能性が高いので、一部銘柄は早めに手を付けました。 

 週間成績は、プラス(+15万)でした。