「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅へ(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

2020年10月第5週の投資成績

 

f:id:tabibitoshuu:20200814145540p:plain

 

 先週の持越し分については

 10月23日(金)

  買い持越し:キャノン・アイシン精機蝶理理研ビタミン信越ポリマー

  空売持越し:無し

でした。

 10月26日(月)

  利確:アイシン精機

  損切:理研ビタミン

  買い持越し:理研ビタミン蝶理・キャノン・信越ポリマー

  空売持越し:無し

 10月27日(火)

  利確:キャノン

  損失:理研ビタミン信越ポリマー

  買い持越し:アイシン精機

  空売持越し:無し

 10月28日(水)

  利確:アイシン精機ネクソン

  損切:理研ビタミン・FR(ユニクロ

  デイ買い:ネクソン・FR

  買い持越し:無し

  空売持越し:無し

 10月29日(木)

  利確:武田(大引け後PTS)

  損切:無し

  買い持越し:コニカミノルタ

  空売持越し:無し

 10月30日(金)

  利確:コニカミノルタ

  損切:無し

  買い持越し:住友化学

  空売持越し:無し

 ※株主優待等長期保有:スキー場開発

 

 今週の成績ですが、一週間北海道旅に出ていた影響で、取引回数は少なかったですが、プラス成績(+30万)で終わりました。

 

 来週は、いよいよ、相場に大きな影響を与えるアメリカ大統領選投票日です。

 個人的な予想は、接戦でバイデン候補の勝利という結果だと思いますが、現職のT大統領が敗北を認めず(一方的な勝利宣言をする可能性もある)、政治的な大混乱が発生するだろうとも予想しています。

 最終的には、法廷闘争となると共に、民主党共和党の間で次期大統領に関する非難の応酬の後、話し合いで妥結点を探すことになると思います。

 下院選は、民主党の勝利(といっても、現状の議席数とあまり変わらないでしょう)

 上院選は共和党が3議席程度を失い、両党ともに50議席±1議席という結果でしょうか?

 

 相場は、民主党の完勝トリプルブルーならば、来年にかけて大幅な株高になるでしょう。

 下馬評を覆して、現職T氏が勝った場合には、今後、議会の主導権は民主党に完全に移るので、二期目のT政権は、何もすることが出来ず、株価に大きな影響を与えることは無いでしょう。