「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

迷走する緊急事態宣言

 

 4月25日から始まった緊急事態宣言。

 2週間程度では、目に見えるような効果は現れず、延長見込みとなっています。

f:id:tabibitoshuu:20210423122302p:plain

 効果があまり出ないのは、それもそのはず。

 GW中、自粛自粛と言っておきながら、オリンピック絡みの予選会やテスト大会は、予定通り開催し、テレビ中継までしている始末ですから...

 こういうのを「アンビバレント」「ダブルスタンダード」というんでしょうね。

f:id:tabibitoshuu:20210423122311p:plain

 国民に自粛を求めるのならば、オリンピック絡みの大会等も全部延期や中止にしなければ、自粛要請との整合性が無くなってしまい、人々に応じる気持ちを失わせます。

 ただでさえ、今年の緊急事態宣言は、長々とずっと掛かっている状態ですから、従わなくなるのは当たり前のことです。

 

 特に今回北海道は、オリンピックのマラソンのテスト大会が5日に予定されていたので、5月2日に非常に高い感染者数を記録したにもかかわらず、3日間放置。

 そしてテスト大会が終わった、5月5日午後に道の会議を開いて、政府に蔓延防止措置適用の要請という、官邸やオリンピックばかりを見た露骨な行動をしましたからね。

f:id:tabibitoshuu:20210506153351p:plain

 大阪が悲惨な状態になってしまったのも、3月末から感染者が急増したのに、緊急事態宣言の要請を行うことで、首相の訪米が中止になっては不味いと、大阪府知事が忖度し、菅総理が帰国した4月19日まで、緊急事態宣言の要請を遅らせたという、不都合な事実が大きく影響しているのです。

 

 ここにきて、国も都道府県も、間近に迫った「オリンピック開催ありき」で行動しているから、コロナ対策の政策が、心に全く響かず、行き詰っているのでしょう。

 オリンピック絡みのイベントだけ特別扱いするから、反発も生まれるし、禁酒令も逆効果でしかありません。

 もし本気でオリンピックを開催したいのならば、一人当たり10万円以上の給付金交付を決断し、「お金を出すから、家に居てください」と訴えるしか手段はないのです。

 これをやらない限り、同じことの繰り返しになるだけで、7月に再び緊急事態宣言をしなければならなくなるでしょう。

 昨年の1回目の緊急事態宣言で、かなり効果があったのは、初めてのことだったのもありますが、10万円給付金の影響が相当あったことに間違いありません。

 お金貰えるのに、堂々と自粛破りは出来ないですからね。