「旅人:シュウ」の旅&〇△blog

今迄、主に国内旅中心だったセミリタイア中の旅人。家族が大病を患ったことを契機に、次は世界旅に挑戦。(新型肺炎の為、延期します)〇△の部分は「旅以外の情報(投資が中心です)も」ということになります。

2019年、旅先で食べた物を振り返る(上半期分)

 

 2019年も、残り5日となりました。

 普通の日常生活では、投資の世界に居る旅人なのですが、同じような日々の繰り返しなのにもかかわらず、会社員時代よりも、非常に月日の流れが速く感じます。

 今年は、投資の成績が芳しくなく、その影響で、旅行した回数も少なかったのですが、この1年間、旅先で食べた物を振り返ってみようと思います。

 

 まず1月。

 1月は、栃木県の那須に行きました。

 オフシーズンの那須は、かなり寒いので、訪れる人もぐっと減り、その分、宿も安くなります。

f:id:tabibitoshuu:20191225141644j:plain

 この時は、何度も来ているウェルネスの森那須に宿泊。

 ここは、無料の温泉貸切風呂が複数あり、手術の影響で、体に大きな傷跡が残っている旅妻が、周囲に気兼ねなく温泉に入れるという、大病後の人にとって最適な宿です。

 こちらのホテルの運営は、共立リゾート(旧、共立メンテナンス)。

 ビジネスホテルのドーミーインや学生寮、全国数十か所でミドルアッパークラスの宿泊施設を運営している大手企業です。

 共立リゾート系列では、無料の夜泣きラーメンのサービスが有名です。

 旅人達が訪れた日は、その前日が全国的な大雪で、那須も少し雪が降りました。

 その影響で、チェックインの時に、「3つあるスイートルームのうち、1室が雪で来れなくなったお客さんが出て、急遽キャンセルとなったので、追加料金(一人1000円)で変更しませんか」との案内が。

 以前にも冬の時期に1度、激安でスイートルームが出ていて(スタンダードルームとほぼ同じ値段設定でした)、泊まったことがあり、便利さ(フロント・大浴場等に一番近い客室)と豪奢な気分を味わったことがあったので、喜んで変更しました。 

 

 話は逸れてしまいましたが、食べた物を振り返ります。 

f:id:tabibitoshuu:20191225141523j:plain

 ディナーの時には、各テーブルに、このようなキャンドル(ライトです)が。

f:id:tabibitoshuu:20191225142229j:plain

 メインの那須牛のローストビーフ(と炊き込みご飯・汁物)。

 もちろん、ローストビーフ美味しいのですが、脂身が多く、齢を重ねた旅人達の胃袋には、やや胃もたれしてしまいます。

f:id:tabibitoshuu:20191225141546j:plain

 ブッフェの朝食。

 相変わらずのてんこ盛り夫妻です。(盛り過ぎ)

 

 2月には、旅妻が予約した日帰りツアーで

f:id:tabibitoshuu:20191225141709j:plain

 いちご狩り。

 甘くておいしかったです。

 旅人は40個以上食べました。

 

 3月は

f:id:tabibitoshuu:20191225141805j:plain

 芝パークホテルのステーキランチに。

 何となくネットサーフィンしていたら、偶然見つけて、食べてみたくなり、予約し、行ってしまいました。

 3月には、他にも、北海道ふっこう割でお得に予約した、道南ツアーに行きました。

f:id:tabibitoshuu:20191225141838j:plain

 こちらは、登別温泉の宿、「登別万世閣」での夕食。

 宿のランクは低めなので、料理も、そのランク通り、ごく普通の内容と味。

 量も少なめでした。

 一緒のツアーの人達も、そそくさと食べて、とっとと食事会場を後にしていました。

 このツアーでは、この翌日、別の北海道旅記事(「洞爺・有珠」)で紹介済みですが、ウィンザーホテル洞爺での

f:id:tabibitoshuu:20191226082326j:plain

 こちらの写真のディナー(丸テーブルで、同じツアーの人が全員一堂に会して食べる、結婚式スタイルでした)や、夕食後に、

 ホテル内のケーキショップで買った

f:id:tabibitoshuu:20191226082429j:plain

 このケーキも、爆食いしました。

 ウィンザーホテルは、美味でした。

 

 4月には箱根に向かう途中で、

f:id:tabibitoshuu:20191226083022j:plain

f:id:tabibitoshuu:20191225084843j:plain

 小田原駅前の繁華街にある、唐揚げの名店「三平」さんで、ランチセットをパクリ。

 こちらの唐揚げ。

 一羽を丸々揚げているので、食べることができる部位の全てを頂けます。

 唐揚げにご飯とみそ汁。

 このメニューだと、昼間からグッと◯◯を飲みたくなりますね^^

 

 この日の夜は、旅妻が予約した箱根の宿で、

f:id:tabibitoshuu:20191225142631j:plain

 ディナーを。

 こちらは、最近軒並み値段が高くなってしまった箱根の宿の中では、安くて人気があるところですが、もちろん、食事は値段相応の物しか出ませんから、特に取り上げて紹介するほどのものではありませんでした。

 でも、朝食のブッフェは、この時も、てんこ盛りです。

 そして、GWに突入した4月の締めは

f:id:tabibitoshuu:20191225142856j:plain

 

f:id:tabibitoshuu:20191225142915j:plain

 大分駅の駅ビル内レストランで食べた、こちらの「大分旨い物セット」でした。

 関(佐賀関)で取れた魚の刺身や、とり天、りゅうきゅう丼に、のっぺ汁と、大分グルメを一度にペロリ^^

 

 GWの5月は、大分から宮崎に移動し、宮崎駅前の商店街内にある「肉バルhallo」さんにお邪魔し、

f:id:tabibitoshuu:20191225143029j:plain

  こちらの都萬牛のモモステーキに

f:id:tabibitoshuu:20191225143059j:plain

  都萬牛のハンバーグ、更には

f:id:tabibitoshuu:20191225143120j:plain

 グラタンに、ガーリックライス✖2と、注文しまくり。

 (九州旅情報の「宮崎編」にも記載しています。)

 いくらなんでも、二人では食べすぎですね。

 でも旅先では、満腹夫婦だから仕方ありません。

 そして、阿蘇に移動して

f:id:tabibitoshuu:20191225143210j:plain

 旅妻が、再訪問したら食べたいと言っていた、阿蘇の赤牛ステーキ^^

 旅妻希望の店は、黒川温泉街にあるのですが、この時は黒川温泉に行く予定が無く、ルートも離れているので、阿蘇の道路沿いにあったお店に入って食べました。

 味は、旅人からするとまあまあで、美味しくいただきましたが、旅妻は期待していたほどには感じなかったようで、_| ̄|○していました。

 結局今年のGWは、九州グルメ旅となりました。

 

 6月には、都内神楽坂の焼き肉店(Kintan 神楽坂店)で

f:id:tabibitoshuu:20191225143306j:plain

 こちらのランチセットをパクリ。

 ネットで偶然見つけて予約したのですが、値段の割に、かなり高級感があって、思っていた以上に良い店でした。

 Kintanさんは、都内に数店舗を展開する焼き肉店で、この時初めて行きましたが、基本的に個室で、他人を気にすることなく、ゆったりと焼き肉を満喫出来るという、そのコンセプトに対し、グッドボタンを連呼したいお店です。

 

 これが、主に2019年上半期に、旅先(一部は飲食店目的の訪問で、厳密に言うと「旅」ではありませんが)で、旅人夫妻が食べまくった物の一部です。

 このようにまとめて振り返ってみると、今年の前半は、まあ本当に、毎月食べてばかりでした。

 これだけ食べても、夫婦共に、体型に大きな変化がないことが、奇跡ですね(笑)