「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅へ(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

関東甲信越の旅(中禅寺湖(日光))

 

 新型肺炎が落ち着いている今、思い立ったらすぐ行ける旅。 

 今回は「栃木県・日光中禅寺湖」の旅です。

 中禅寺湖と言えば、

f:id:tabibitoshuu:20200606220742j:plain

 こちらのクラシックホテル、「中禅寺金谷ホテル」です。
 中禅寺金谷ホテルは、中禅寺湖の旅館街の中心からだいぶ離れた、静かな森の中に佇むクラシックホテルです。

 ホテルは、湖畔を走る国道120号から少し奥に建っているのですが、ホテルの入り口にある「中禅寺金谷ホテルコーヒーハウスユーコン」のカレーはかなり有名です。

 ホテルに面する国道の反対側の湖畔には、中禅寺湖畔ボートハウスという建物があり、そこから眺める中禅寺湖は、

f:id:tabibitoshuu:20200606221210j:plain

 このように見えます。

f:id:tabibitoshuu:20200606220745j:plain

 静かな湖面ですね。

 人も非常に少ないので、都会の喧騒を忘れて、本当に落ち着いて湖を眺め続けることができます。

 湖畔を少し、竜頭の滝方面に歩くと、中禅寺湖遊覧船の菖蒲ヶ浜の乗り場がありますので、ここから遊覧船に乗ると、  

f:id:tabibitoshuu:20200606220749j:plain

 中禅寺湖の背景にそびえたつ男体山が見事に見えます。

 中禅寺金谷ホテルの玄関は、

f:id:tabibitoshuu:20200606224407j:plain

f:id:tabibitoshuu:20200606220753j:plain

 写真のような感じで、意外と小ぶりです。

 客室のベランダから見た建物の感じは、

f:id:tabibitoshuu:20200606220816j:plain

 この通りで、大きな丸太の柱が、クラシックな感じを引き立てますね😊

 中禅寺金谷ホテルは、以前は温泉が無かったのですが、はるばる日光湯元温泉から温泉を引いたので、別棟に温泉も完備されています。

 ですから、湯元温泉の白濁した硫黄泉の温泉に入ることができます。

 

 館内には、暖炉

f:id:tabibitoshuu:20200606220901j:plain

 がありました。
 廊下も木材がふんだんに使われています。

f:id:tabibitoshuu:20200606220904j:plain

 料理は、オーソドックスなフランス料理のフルコースを頂きました🍴^^

f:id:tabibitoshuu:20200606220952j:plain

 中禅寺金谷ホテルは、細長い中禅寺湖の竜頭の滝に近い場所に立っていますので、歩いて竜頭の滝まで行くことも可能です。 

 こちらは夏の竜頭の滝。

 秋の紅葉の写真で見ることが多いですが、夏も緑が綺麗です。

f:id:tabibitoshuu:20200606221019j:plain

 竜頭の滝は、滝沿いに遊歩道がありますので、遊歩道から見ると、 

f:id:tabibitoshuu:20200606221023j:plain

 このような感じです。

 

 都会の喧騒や、新型肺炎のことを忘れるには、最高の環境ではないでしょうか?

 中禅寺金谷ホテルに宿泊しなくても、コーヒーハウスで有名なカレーを食べて、中禅寺湖をボーっと眺め、日が暮れたら帰るという日帰り旅も凄く良いと思います。

f:id:tabibitoshuu:20200606220826j:plain

 是非訪れてみてください。

f:id:tabibitoshuu:20200606223907p:plain