「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

離島への旅・そして再び旅へ

 

 先週末は、鹿児島県・徳之島へ旅をしてきました。

f:id:tabibitoshuu:20210328171636j:plain

 こちらは、徳之島行きのプロペラ機✈。

 

 季節は、春。

 春は、異動の季節です。

f:id:tabibitoshuu:20210328171734j:plain

 帰りの徳之島空港では、小学校の先生が、春の異動で九州本土に帰ることに伴い、見送りの子供たちが沢山来ていました😿

 こういうものを見ると、就職や異動で、遠い見知らぬ地に旅立ったりもした、若い頃を思い出し、なんだか、懐かしい感じがしました。

 

 この時はたまたま、見送られる側の先生と、機内で直ぐ近くの席だったのですが...

 この先生には、「涙・涙」という雰囲気は全く無く、奥さんらしい人は、逆に何だか非常にうれしそうに機内で過ごしていたのが、ちょっと意外に感じました...

 「せっかくの別れのシーンが...」

    っていうのは、現実とは異なるんでしょうね……

 

 旅の往路の乗継ぎで立ち寄った奄美空港でも、就職で奄美大島を出る着なれないスーツを纏った若者たちが、沢山の友達に見送られているシーンに出くわしました。

f:id:tabibitoshuu:20210328171557j:plain

 こちらの飛行機は、旅人が羽田から奄美まで乗ってきた便の、折り返し羽田行きです。

 奄美空港で、そういうシーンを見た後、乗継ぎの時間待ちで、展望デッキに暫く居ましたが、羽田に向かって飛んでいく飛行機を見送っていると、少し感傷的な気持ちに浸れました😢

 「都会の雰囲気に呑まれず・負けずに、みんなそれぞれが将来・未来のために、自分で選んだ道で頑張って欲しい」ですね。

 

 帰りの乗継ぎで立ち寄った鹿児島空港も、人はそれなりに多かったです。

f:id:tabibitoshuu:20210328171804j:plain

 緊急事態宣言が完全に解除されたことで、今回の旅で乗った飛行機は帰りの鹿児島~羽田便以外は、満席でした。

 

 今回の旅の記事は、また別に書きます。

 それでは。