「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅の予定でした(新型肺炎の為、延期)。セミリタイア家計簿も。

徳之島への旅(その2)

 

 徳之島の旅も二日目。

 今日は、名所を回ります。

 まずは、徳之島で一番有名な岬である「犬田布岬」へ。

f:id:tabibitoshuu:20210413155326j:plain

 ここは、戦艦大和の沈没地点に近いことから、慰霊碑があります。

f:id:tabibitoshuu:20210413154541j:plain

 駐車場脇にあるこちらの建物(公衆トイレ・喫茶店)内には、戦艦大和にちなんだ小さなミュージアムもあります。

 (ミュージアムの入り口は、喫茶店と同じ場所です)

f:id:tabibitoshuu:20210413155356j:plain

 犬田布岬の駐車場は大きく、広場もかなり広い上、観光客がほとんどいない徳之島ですから、離島に来た爽快感も味わえます。

 広場内には、小さな展望台もあり、ここから見渡す景色は、

f:id:tabibitoshuu:20210413155446j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210413154622j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210413155508j:plain

 どこまでも広がる青い海・空。

 そして、近くの海をよーく目を凝らしてみると、

f:id:tabibitoshuu:20210413155304j:plain

 なんと、クジラの汐吹きを見ることが出来ました^^

 

 犬田布岬から、少し車を走らせると、徳之島で一番有名な名所である「犬の門蓋」があります。

f:id:tabibitoshuu:20210413160111j:plain

 犬の門蓋(いんのじょうふた)の象徴的な写真が次のものです。

f:id:tabibitoshuu:20210413160152j:plain

 徳之島や奄美諸島の観光パンフレット等でも、この場所の写真が使われています。

f:id:tabibitoshuu:20210413160149j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210413160157j:plain

 岩のトンネルの先には、青い誰も居ない海が広がっています。

 

 展望台もあり、

f:id:tabibitoshuu:20210413160114j:plain

 そこからは、

f:id:tabibitoshuu:20210413160321j:plain

 荒々しい海岸線と、澄んだ海が広がります。

 こちらの海岸は、徳之島有数のダイビングスポットとなっているそうです。

 

 犬の門蓋は、徳之島空港の南側にあるのですが、空港を挟んで北側にある名所が、

f:id:tabibitoshuu:20210413161641j:plain

 「ムシロ瀬」という花崗岩が広がっている海岸です。

 南西諸島は、その成り立ちの大半がサンゴ礁の隆起によるものですが、この場所は南西諸島では珍しい、花崗岩で出来ている場所です。

 海岸には、

f:id:tabibitoshuu:20210413161807j:plain

 このような景色が広がります。

 岩の中には、名前が付いているものもあり、

f:id:tabibitoshuu:20210413161745j:plain

f:id:tabibitoshuu:20210413161820j:plain

 こちらは「ロウソク岩」

 

 この岩にも

f:id:tabibitoshuu:20210413161747j:plain

 名前が付いていましたが、忘れてしまいました💦

 

 まだまだ続きますが、少し長くなったので、続きは、次の記事で(^^)/