「旅人:シュウ」の旅blog(&セミリタイア資産運用)

旅の資金は、投資利益で捻出している旅人です。旅妻が大病を患ったことを契機に、世界旅へ(新型肺炎の為、延期)。資産運用月報も。

九州旅(宮崎・高千穂)【takachiho・miyazaki prf】

 

  

 宮崎県の観光地と言えば、高千穂周辺の人気は非常に高いですよね?

 高千穂は、最近のブームもあって、本当に多くの観光客が来ています。 

 まず、高千穂峡と言えば、定番のこの写真から。

f:id:tabibitoshuu:20191125100338j:plain

高千穂峡

 旅好きならば、高千穂峡とすぐわかる1枚でしょう。

 崖を流れる落ちる小さな滝(真名井の滝)と、その下を進む観光客のボート。

f:id:tabibitoshuu:20200514083535j:plain

 滝に近づいて撮影すると、こんな感じです。

 濃淡色々な緑のコントラストが非常に綺麗ですよね?

 

 高千穂は、山の中ですので、次の写真のような景色が随所で見られます。 

f:id:tabibitoshuu:20191125100547j:plain

 パワースポットブームの昨今、長い歴史のある高千穂峡周辺は、ものすごい数の内外の観光客が押し寄せてきており、観光シーズンは駐車場はどこも一杯という状況ですが、行ってみると、確かに非常に趣のある観光地です。

 ですから、有名な景勝地高千穂峡」には、上の写真の、見上げた道路橋の辺りから徒歩で向かうことになりました。

f:id:tabibitoshuu:20200514083722j:plain

 大きな駐車場から、高千穂峡に向けて歩き始めると、途中には、この写真のような景色が続きます。

f:id:tabibitoshuu:20200514083702j:plain

 このように、伝説の残る大きな石も渓谷内で見かけます。

 これは、「鬼八の力石」という大きな石です。

 

 そして、この記事の一番最初の写真に写っている、手漕ぎボートの乗り場があるところが終点で、この時は歩いて片道30分~50分ぐらい掛かりました。

(途中かなりの急な階段がありますので、個々の脚力の差で、所要時間に差が出ます)

f:id:tabibitoshuu:20191125100928j:plain

高千穂峡の混雑の様子(GW中)

 こちらの写真は、2019年のGWで、天気は良くないにもかかわらず、御覧のように高千穂峡沿いを散策する歩道は大混雑。

 九州は、アジアからの外国人観光客が特に急増しているので、オンシーズンは本当にどこに行っても、有名どころは人・人・人です。

 

 高千穂峡は、基本的に山の中で道が狭いので、駐車場が少なく、車が入れない場所も多いのが実情です。

 ですから、ボート乗り場のある一番上の写真の有名な場所に行くには、車で行った場合、高い駐車場代を払って、なるべく近い場所に駐車する場合を除けば、かなり遠い無料駐車場に止めて、1時間前後歩いて行くしかないというのが現状です。

f:id:tabibitoshuu:20200518105456p:plain

 

 高千穂峡の近くには、こちらも有名な

f:id:tabibitoshuu:20200518104847j:plain

天岩戸神社の鳥居

f:id:tabibitoshuu:20200518104730j:plain

天岩戸神社(東本宮)

f:id:tabibitoshuu:20191125101258j:plain

天岩戸神社(西本宮)

 天岩戸神社があります。

 そして、天岩戸神社の境内は細長いのですが、奥にずっと小道が続いており、参拝客の大半は、この小道を下って進みます。

 すると、すぐ神社の下を流れる川沿いに出ますので、これを奥へ奥へと歩き続け、約15分。

f:id:tabibitoshuu:20191125101607j:plain

天安河原

 天安河原宮とその宮がある仰慕窟にたどり着きます。

 ここで、お参りして戻るというのが天岩戸神社の参詣の定番です。

f:id:tabibitoshuu:20191125102201j:plain

仰慕窟から見た様子

f:id:tabibitoshuu:20191125102421j:plain

仰慕窟の石積み

 天岩戸神社は、非常に歴史のある神社ですので、高千穂峡と共に訪れる方がに多いですね。

 ここも山奥にあるのですが、駐車場もたくさん点在しているので、高千穂峡と異なり、よほどのピークでない限り、駐車場待ちはそれほどでもありません。

f:id:tabibitoshuu:20200518105454p:plain

  高千穂まで昔は、(国鉄高千穂線→)高千穂鉄道高千穂線が高千穂まで通っており、鉄道でもアクセスできたのですが、2005年の台風の豪雨被害で鉄橋が流されてしまい、復旧費用に見合うだけの需要が無いことから、最終的に廃線となっています。 

 ただ鉄路の一部は残っていて、観光施設となっています。

 また、九州を横断する新しい高速道路の建設が進んでいて、一部区間が開通しており、この高速道路は高千穂の近くを通りますので、高千穂方面へのアクセスは、どんどん良くなってきています。

 これからも益々人気の観光地であり続ける高千穂。

 機会があったら、また訪れたいですね^^